『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

87話 世紀の究極超怪盗ノゾ=キマ。


 87話 世紀の究極超怪盗ノゾ=キマ。

 『彼女が出来るかも、めでたし、めでたし』
 で終わるほど、センの旅路は甘くない。
 というか、セン的には、むしろ、現状こそが最大の地獄ともいえなくはない。


「……今まで受けてきた絶望の中で、この状況が一番キツい……」


 ボソっとつぶやいたセンの表情は、
 『死んだ魚』が二度見しそうなほど、
 それはそれは、ドンヨリと曇っていたという。


 ★


 総合格闘技大会で優勝したセン。
 直後、
 今大会の総合責任者である『紅院正義』から、
 直々に、

「記念品を贈りたいので、ついてきてくれ」

 と誘われた。

 セン的には、
 『フラグ的に、この誘いに対して、どうすべきだろうか』
 と、軽く悩みたかったところなのだが、
 しかし、
 その余裕を、与えられることはなかった。

 紅院正義は、
 有無を言わさぬ強引さで、
 センを車に押し込むと、
 そのまま、例のホテルへと直行。

 車内は、どちらも終始無言の重たい空気。
 その情景は、切り出し方を見失っているわけではない。
 お互い、『今』というあいまいな時間を利用して、
 純粋に『腹をくくりあっている』というだけの話。

 距離的に近い場所にあるので、
 数分でアッサリと到着。

 ホテルに先回りしていた『専属SP的な誰かさん』の誘導を受け、センと紅院正義は、例の会議室へと向かう。

 ――そこでは、
 例の300人委員会の面々が雁首揃えて待ち構えていた。
 湿度は軽いが、空気は重たかった。


「君が、怪盗ノゾ=キマで間違いないかしら?」


 最初に声をかけてきたのはゾーヤだった。

 別に、『そういう取り決めがあった』というワケではないが、
 つい、我慢できずに聞いてしまった、
 と言った感じ。

「自分で名乗っておいてなんだけど、その名前で呼ぶのやめてくれる? 決して、あんたらに認知してほしい名前じゃないんでね」

 そぅいいながら、センは、用意されたイスに腰かけると、
 尊大な態度で、アゴをクイっと上げて、

「正式に自己紹介とか、した方がいい?」

 その問いかけに対し、
 紅院正義が、小さく首を振り、

「その必要はないよ、閃壱番くん。君の基本情報を知らない者は、ここに一人もいない」

「俺が大会で優勝してから、ここにくるまでの、およそ15分間の間に、調べ尽くして、情報を共有した……みたいな感じ?」

「まさにその通りだ。より正確に言うのであれば、君が大会にエントリーした数分後には、すでに、君の情報は丸裸だった」

 『グループの傘下ではない参加者』は、
 エントリー直後に全員、調べ尽くされていた。

 もっと言えば、学校関係者は、ロイガー戦の直後から、
 ある程度、個人情報を洗われていて、
 参加者は特に徹底して念入りに調べられた、
 と言った感じ。

 とはいえ、
 今大会における『グループ傘下でない参加者』は、
 数える程度だったので、
 そこまで大層な手間でもなかったのだが。

「最初に、礼を言わせてほしい。娘を助けてくれてありがとう」

「あんたの感謝は聞き飽きた」

「……君に礼を言うのは初めてだと思うのだが?」

「俺は、この一週間を何度もループしている。その間に、俺は、あんたの娘を毎回と言っていいほど救っていて、だから、何度か、礼を言われている。よって、もう言わなくていい」

「……ほう」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く