『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

85話 ついに、動けなくなる。


 85話 ついに、動けなくなる。

(露骨というか、ムチャクチャというか……なりふり構ってねぇな……)

 凶器の仕様・金的・目つぶし以外は何でもありの純粋な殴り合い。
 参加自由。
 優勝者には『紅院グループ』に属する『すべての会社』への逆指名権が与えられる。

(お好きな大企業に就職できるプラチナチケットの入手……まともに人生設計を立てているやつの視点では垂涎ものだな……)

 などと心の中でつぶやきつつ、
 センは、

(これまでの流れから推察するに……このクソダルイベントに参加しないと、また、終末エンドに突入する……そんな気がする……)

 フラグの性質を演算する。

 このふざけたクソゲーについて、
 少しだけ慣れてきたセンがいる。

(……ただ、避難訓練の日を乗り越えたらクリア……という可能性も微レ存……フラグ状況を確認するという理由もある……)

 諸々考えた末に、
 センは、『静観する』という選択肢をとった。

 朝の段階で、エントリーは締め切られ、
 10時から、大会は、はじまった。

 現在、この学校には、武道経験者が多数在籍しており、
 その大半が出場していたため、
 総合格闘技大会は大いに盛り上がった。

 その様子を、『観測者の視点』で眺めていたセンは、

(……めちゃめちゃ盛り上がっているな……)

 時空ヶ丘学園は、数千の生徒を抱えるマンモス高校。
 現在、その大半が、格闘技大会に注目しており、
 トーナメントが進むたび、
 勝利者には、毎回、惜しみない称賛が送られている。

 出場者の中には、『イケメン(金持ち)』も多いため、
 黄色い歓声もあちこちで上がっていた。

(もし、この大会に出場して優勝することがフラグだった場合……)

 最悪の未来を想像して、
 センは吐きそうになった。

(……仮に世界が救われても、俺の人生は終わる気がする……)

 などと、くだらないことを心の中でつぶやいている間に、
 大会は、『佐田倉の優勝』で幕を閉じた。

 ちなみに、出場者の中で、
 『佐田倉が最も強いか』というと、
 別段、そうでもないのだが、組み合わせの妙で、
 結果的に、佐田倉が最後まで勝ち残った。

(……大会が終わった……もし、この大会に出場することがフラグだった場合、ここまでのアレコレを鑑みるに……そろそろ……)

 などと予測をたてつつ、
 閉会式を眺めていると、
 そこで、
 スピーカーから、ブブっと音がして、





『――舞い踊れ。真・幻爆の剣翼――』





 そのコンマ数秒後、
 爆発音があちこちで響きだす。



(…………やっぱり……か……)



 センは、身じろぎ一つせず、
 目を閉じて、音がやむのを待った。

 数秒、耳をつんざく悲鳴がこだましたが、
 5秒ほどで、人の声は鳴りやんだ。

 ゆっくりと目を開けたセンの視界には、
 首から上がない無数の死体。


「……ふぅ……」


 壊れそうになる意識を、
 鋼の精神力で、どうにか押さえつけて、

「さて……銀のカギを探すか……」

 予備は腐るほどあるが、
 しかし、『何もしていない状態』でいると、
 心が砕けてしまう気がしたので、

 センは、いったん、思考を放棄して、
 無心で銀のカギを探しまくった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く