話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

84話 なりふり構わないフラグ。


 84話 なりふり構わないフラグ。

 1時間も経ったころには、校内で、
 『200名のテロリスト全員が、ほぼ同じタイミングで気絶した』
 という、そのセンセーショナルなニュースを知らない者は一人もいない、
 という状況が出来上がった。

 教師連中は、この謎現象に狼狽(うろた)え、あわてふためいているが、
 生徒たちは『避難訓練よりもよっぽど面白いイベント』として楽しんでいた。

 そんな中、
 スピーカーから、
 センにだけ聞こえる声が響く。

『お見事。噂以上の、素晴らしい実力だ。正直言って、ナメていた。君があまりにも神速すぎて、現状だと、君が誰か特定するのは難しい。しかし、今回の一件で、君がただの愉快犯ではないと気づけた。出来れば、【気高い信念を持つ英雄】であってもらいたいところだが、そこまでは望み過ぎかな? とにもかくにも、君がただの愚者ではないと気づけたのは大きな一歩だった。謎の怪盗ノゾ=キマよ。君が真なる救世主たらんことを、私は強く祈っている』

 そこで、スピーカーは切れた。

 いまだ、事件の余韻でワーキャーやかましい教室の隅で独り、
 センは天井を見つめながら、

(もし、これが、『次のステージへ進むための必須フラグ』だとしたら……俺、ループするたびに、200人に首トーンをしないといけないのか? ……ダッルぅ……)

 心の中で、そんなことをつぶやきつつ、深いため息をついた。



 ★



 ――その日の夜も、センは、当たり前のように、アイテム探索に精を出していた。
 『いつ、剣翼が舞うだろうか』とビクビクしつつも、
 学園中を駆けずり回って、アイテムを探し続ける。

 そろそろ来るか?
 もう来るか?

 と、ビクビクしていたのだが、
 しかし、結局、
 剣翼が舞うことなく、
 次の朝を迎えた。


「……マジか……乗り越えたのか……?」


 『まだ油断は出来ない』と、頭では理解しているのだが、
 しかし、体が『ホっと脱力する』のを抑えることはできなかった。

 その場に、力なく崩れ落ちるセンに、
 アイテム探索パートナーの黒木は、

「だ、大丈夫ですか?」

 と、心配そうな声をなげかけてくる。

「元凶はまだ不明……おそらく、どこかのタイミングで、また襲ってくるだろう……わかっている……わかっているんだが……はぁあ……っ……」

 ツーっと、片目から、一滴の涙が流れた。
 『泣いた』というより『ただ零れた』といった感じの一粒。

 それが『どういう感情の涙』なのか、
 自分でも、理解することができなかった。

 嬉しいとか、悲しいとか、
 そんな単純な涙でない事だけは理解できるのだが、
 具体的な言葉にすることは、どうしても出来そうになかった。

 とにもかくにも、
 そんなみっともない水滴は、
 袖で、ササっとぬぐい取り、
 天を見上げて、
 センは、深く息を吸った。


 ★


 ――その日は、クラスマッチが行われる日だった。
 もともとの種目は、バレーの予定だったのだが、
 しかし、当日になって、なぜか、


「……総合格闘技? ……おいおい……」


 『バレーのクラスマッチ』が、
 『総合格闘技の大会』に変更されていた。


(露骨というか、ムチャクチャというか……なりふり構ってねぇな……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く