話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

83話 一瞬の出来事。


 83話 一瞬の出来事。

(これが、フラグである可能性は大いにある……)

 そう認識したセンは、

(……お望み通り、テロリストどもを叩き潰してやるよ……)

 心の中でつぶやきつつ、
 テロリストから、『トイレの許し』を得て、
 教室の外に出ると、

 ――そこからは豪速だった。

 仮面を装着し、
 残像を置き去りにして、
 瞬間移動で、各教室を制圧していく。

 相手に、自分を認知させる余裕など与えず、
 ひたすらに、一瞬で、
 音速の首トーンをかましていく。

 速度を重視したため、
 おそらく、何人か、後遺症が残るだろう――
 が、そんなことを気にする余裕はなかった。

(行動には代償が伴う。『知らなかった』が通じるほど世界は甘くねぇ。『ガキ殺しの作戦』に首を突っ込んだ、そんな自分の選択を恨め)

 心の中でつぶやきながら、
 センは、目にもとまらぬ速度で、
 テロリストたちをシバき倒していく。

 200人を殲滅するのに、かかった時間は、およそ3分半。
 一人一秒弱のペース。

 殲滅完了の後に、
 センは、ハンカチで手を拭きながら、
 教室に戻る。

「いやぁ、完璧な快便だった。これ以上ない快便だった」

 などと、別に言わなくてもいい言葉を口にしつつ、
 教室に中に入る。

 当然、誰も、センに注目などしていない。
 『気絶しているテロリストたち』の介抱で忙しそうだった。

 センは、シレっとした顔で、
 『特に何もせず、壁にもたれかかってスマホをいじっている反町』に、

「何があった?」

 と、声をかけると、

「知らん。なんか、気付いた時には、テロリストが気絶していた」

「二人同時に?」

「現場を目撃したヤツの証言だと、どうやら、仮面をかぶった何者かが、瞬間移動で現れて、テロリスト二人に首トーンをかましていったらしい」

「なんだ、そのふざけた話」

 と、そこで、『反町の友人』といえなくもないクラスメイト『田中』が、

「マジだよ。目撃したのは俺。ちょうど、お前ぐらいの背丈の仮面をかぶったヤツが、テロリストの背後に、パッパッと出現して、首にチョップをいれていったんだ」

「信じがたいねぇ」

「……別に信じなくてもいいけど、俺以外にも、何人か目撃しているぞ」

 『誰にも見えない速度でコトをなす』のがセンの理想だったが、
 残念なことに、まだ、そこまでのスピードは出せない。

 将来的には分からないが、
 今のセンのステータスだと、
 素人の目でも終える程度の『時空移動』しか出来ない。

 と、そこで、田中が、センをジっと見つめて、


「……背丈だけじゃなく、髪型と体型も、お前に似ていた気がするな……」


 ボソっとそうつぶやき、

「もしかして、閃……お前がやったのか?」

 と、たずねてきた。
 センは、ニっと微笑み、

「バレたか」

 と、チョケてみせた。

 その表情を受けて、
 田中は、

「……ま、んなワケねぇか……」

 と、センの思惑通りの解釈をしてくれた。


 ★


 ――200名のテロリスト全員が、ほぼ同じタイミングで気絶した。

 そのセンセーショナルなニュースは、
 またたくまに校内を駆け巡り、

 1時間も経ったころには、

 『今、校内で、その謎現象を知らない者は一人もいない』

 という状況が出来上がった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く