『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

81話 いつもニコニコ舞い散る怪盗ノゾ=キマ。


 81話 いつもニコニコ舞い散る怪盗ノゾ=キマ。

「――くっっそぉおおっっ!!」

 今までの剣翼よりも、明らかに鋭い動きで、
 まるで、センをあざ笑うかのように、
 黒木の首から上をさらっていった。

 続けて、その場にいる全員の首が、次々と吹っ飛んでいく。
 少々、タイムラグがあるので、
 最初は、阿鼻叫喚がこだましていたが、
 しかし、数秒後には、
 無音となった。

 いや、完全な無音ではなかった。
 時折、どこかで、車が爆発する音が聞こえた。

 血だらけのグラウンドで独り、
 センは空を見上げて立ち尽くす。


「……つらい……なぁ……」


 つぶれた本音が、かすれてにじむ。
 空は、バカみたいに青かった。


 ★



 ――17日の朝。

 目覚めたセンは、

「図虚空、こい」

 図虚空を召喚し、

「……初期化は……されていないな……」

 『強化が引き継がれているか』を確認してから、
 机の上に置いてある袋に手を伸ばし、
 中に入れてあるカギをかぞえる。


「……52本……全部あるな……よし……」


 必要最低限の確認が終わったところで、
 スマホが鳴り響いた。

 確認しなくとも、相手が誰かは分かる。

「今回の初手は、どうしますか、陛下」

「……同じだ……黒木を呼んでくれ……」

 心の中で『また同じ説明をするのか……』と、
 ウザさ100%のタメ息をつきつつも、
 センは、奥歯をギュっとかみしめて、出かける準備をする。


 ★


 黒木との交渉を終えたあと、
 昼の間に、センは、
 近所のホームセンターで購入した目出し帽を装着した状態で、
 裏金庫へと向かった。

 もし、強化パーツが『使われていない状態』で元に戻っていたら『かなりの胸アツ展開だな』などと思いながら、軽くワクワクしつつ、裏金庫を破ったが、中はカラッポだった。

(……ないかぁ……)

 うなだれていると、
 センの目の前に、エアウィンドウが出現して、
 そこに、紅院正義の顔が映し出された。

『……貴様は何者だ? どうやって、その金庫に入った? これだけの警戒網を敷いていれば【ルパ〇三世でも潜入は困難である】という自信があったのだが……正直、今、私は、心底から驚いている。どうやって中に入ったのか、本当に、一から十まで懇切丁寧に教えてもらいたい気持ちで一杯だ』

「何にだって、穴はあるものさ。それだけの話だ」

『なるほど、真理だな』

 と、つぶやいてから、
 紅院正義は、

『一つだけ、君に頼みがある。そこにあるチップは、君にとっては、何の価値もないものだ。盗まないでくれ』

「……もし、盗んだら?」

『君を殺さないといけなくなる』

「おだやかじゃないね」

『その金庫に侵入出来た君の怪盗スキルは、絶賛に値する。その実力を、ぜひ、買い取らせてもらいたい。【紅院家専属のスペシャルエージェントになる】と約束してくれるのであれば、そうだな……年俸8000億でどうだ? 紅院家が抱えている【裏稼業の人間】は山ほどいて、誰もが超高給取りだが、それと比べても、頭二つ抜けている額だ。それだけ、君を高く評価していると理解してもらいたい』


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く