『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

80話 何がいけない?

 80話 何がいけない?

 命令に従い、
 図虚空は、裏金庫に保管されていた強化パーツを、
 全て、ペロリとたいらげてしまった。

 結果、
 劇的に強化される図虚空。

 今までは、『刃物としての性能』は、
 ペーパーナイフとどっこいだったというのに、
 なんということでしょう。
 世界中の日本刀が束になってかかっても、
 太刀打ちできないほどの業物に大変身!



 ★



 ――その日の夜、
 なんだかんだ、
 イグとの再戦までこぎつけたセンは、
 これまでのように、瞬殺するのではなく、

「ちょっとだけ、試し切りに付き合ってもらうぞ」

 図虚空がどれだけ強くなったか、
 いろいろとためしてみた。

 あえて、腕を切り飛ばすなど、
 切れ味をためした結果、

(おお……GOOが豆腐のようだ……)

 これまでは、精神負荷MAXかつ全身全霊の一閃を放たなければ、
 傷一つつけられなかったのに、
 今となっては、
 サイコジョーカー『2~3』パーセントほどを積むだけで、
 あっさりと、GOOの肉体を切断するようになった図虚空。

(……凄まじく強くなれた……が、これでも、まだ、『壊れたウムル』に勝てるかどうかは微妙だな……)

 壊れたウムルの強さは、
 インフレがハンパなかった。

 ゆえに、これだけ強化された今でも、
 『勝てる』とは断言できない。

(もし、『首魁』の実力が『壊れたウムル』以上だった場合……今の俺でも、勝てはしない……もっと、もっと、強化しないと……)

 あらたな決意を固めつつ、
 センは、その日も、アイテム探索を続けた。

 ちなみに、当然、俊敏性も上がっているので、
 『紅院を閉じ込めた次元ロックを破る際のワナ』にはかすることもなかった。
 ゆえに、当然、マヒって動けなくなる、などという足止めもなし。

 センは成長している。
 大きく前進している。



 ★



 ――翌日の避難訓練では、何も起こらず、たんたんと訓練が進んだ。
 すでに、300人委員会は、センと出会っているので、
 過激な煽りであぶり出す必要性は皆無だった。

 この避難訓練で『死人が出る』ということも、事前に伝えてあったため、
 事前の準備段階で、『実弾入りの本物』が混じることもなかった。

 それでも、『万が一』の可能性を考慮し、
 センは、反町の付近を陣取り、
 問題が起きないか監視する。


 ――結果、何事もなく、
 避難訓練は終了。


 その後、グラウンドに全員集められ、
 壇上に上がった『派遣された警察官』の話を聞いている時のことだった。


「――というわけで、『テロリストに襲撃される』ということも『ありえない』とは考えず、常に、『もしかしたら』と考えながら行動してください。最後になりますが……」

 話のシメに入ったところで、
 ギギギッ、と、スピーカーのスイッチが入る音が響いて、
 直後、



『――舞い踊れ、真・幻爆の剣翼』



 その音声が耳に届くと同時、

(――くそったれっっ!)

 センは、黒木だけでも確保しようと、
 瞬間移動を試みたが、
 しかし、

「――くっっそぉおおっっ!!」

 今までの剣翼よりも、明らかに鋭い動きで、
 まるで、センをあざ笑うかのように、
 黒木の首から上をさらっていった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く