『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

79話 超絶強化。

 79話 超絶強化。

「まだ、ごちゃごちゃぬかすのなら、貴様の頭も叩き割るぞ、アレマップ・ゾーヤ」

 カズナの言葉を受けて、
 ゾーヤは理解した。

(……たんなる虚勢ではない……なんと冷たい目……)

 性格の問題でビビリはしないが、
 しかし、

(これは……本物の地獄を見てきた者の瞳……)

 ナバイアと違い、
 共感性が非常に高いゾーヤは、
 『カズナの言葉に嘘はない』と理解することができた。

(完全に発狂している者の目……それと『歪んだ狂信』に溺れている者特有の目でもある)

 ほぼ完璧にカズナを理解したゾーヤは、

「……世界の終わりを……その目で見てきた者の感想を……ぜひ、聞かせてもらいたい。それは、どういうたぐいの地獄だった?」

 その問いかけに対し、
 カズナは、二秒だけ悩んでから、
 窓の外を見つめて、

「世界が終わっても……空は、相変わらず、青かったよ」

 ボソっと、そうつぶやいた。

「……」

 『不思議な色』をした静寂が流れた。
 数時間にも思えた数秒の果てに、
 それまで黙って静観していた紅院正義が、
 ゆっくりと、立ち上がって、


「裏金庫の場所まで案内しよう。ついてきてくれ」

 静かに、そう口を開いた。


 ★


 場所は、時空ヶ丘学園の地下で、
 魔導書を保管してある金庫から、そう遠くない場所だった。

 ただ、いくつかの仕掛けによって隠されているため、
 自力で発見するのは困難な場所。

 当然のように、
 裏金庫にたどり着いてからも、
 様々な認証ロックがかかっており、
 裏金庫にたどり着くまでに、
 結構な時間がかかった。


 ――ようやくたどり着いた裏金庫の中に眠っていたのは、

「……なかなかの量だな……」

 大量の強化パーツ。
 その大半が『上昇率の高いレアチップ』。

 と、そこで、
 紅院正義が、

「……一言、いいかな?」

 と、声をかけてきた。
 センが、視線を向けると、
 紅院正義は、

「……ありがとう」

 センの目をまっすぐに見つめて、

「人類のために、想像を絶する地獄を奔走してくれて……本当にありがとう」

「別に人類のためじゃない。知らん人間が何人死のうが知ったこっちゃない。俺は『世界が終わったら俺が生きていくのに不自由だ』と判断したから戦っているだけだ」

「…………そうか」

 正義は『嘘の下手な少年だ』と、心の中で思ったものの、
 しかし、それを口に出すことはしなかった。
 別に『カズナに頭を割られることが怖かった』というわけではない。
 それを、センに言うのは『不敬だ』と、純粋に思っただけの話。


「喰らい尽くせ」


 命令に従い、
 図虚空は、裏金庫に保管されていた強化パーツを、
 全て、ペロリとたいらげてしまった。


 結果、




 0000000000000000000000000000000

 『図虚空』

 《アイテムクオリティ》 【28】
 《コアマテリアルランク》【23】
 《シンクロ率》     【3%】
 《装備者への愛》    【12】

 [HP]        【+5290(強化値3200%)】
 [MP]        【+3900(強化値980%)】

 「攻撃力」       【+6820(強化値5500%)】
 「魔法攻撃力」     【+2001(強化値3770%)】
 「防御力」       【+1923(強化値2030%)】
 「魔法防御力」     【+5206(強化値1500%)】
 「敏捷性」       【+1090(強化値105%)】
 「耐性値」       【+10700(強化値9005%)】


 付与『ゼノ・サイコジョーカー』
   『シルバーキーサーチ』

 1111111111111111111111111111111


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く