『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

77話 運命論のカフカ。

 77話 運命論のカフカ。

「そのレアパーツたちを、無駄に惜しんだりせず、すべて、内野に使っておけば、GOO大戦での損失を抑えられていたんじゃねぇのか?」

 センの純粋無垢な疑問に対し、
 ゾーヤが、

「それは、あくまでも結果論ね。GOO大戦が起こらず、内野よりも優れた指導者が誕生する未来もあり得た」

 その言葉を受けて、
 センは、ドンと胸を張り、

「その未来がきたんだ。俺は指導者たりえないが、しかし、『バケモノどもを殺す剣』としては人類最優秀だという自負がある。今後、GOOは俺が皆殺しにしてやる」

 自信ではなく確信でもって、
 センは、堂々と、

「ハッキリ言うが、俺以上の剣が現れることはない。断言する。というわけで、さっさと、レアパーツをくわせろ」

 その要求に対し、
 ナバイアが、

「携帯ドラゴンすら使えない一般人が、何を偉そうに――」

「携帯ドラゴンすら使えない一般人なのに、紅院たちが苦労するほどのGOOを殺してみせたんだ。どう考えても、そっちの方がすげぇだろ」

「……聞けば聞くほど、非常に怪しい話だと言わざるをえない。あえて、『ありえない』という言い方をしてもいいかもしれない」

 そこで、ナバイアは、ギンッと視線を強くして、

「ハッキリと言っておこうか。私は、君に関するウワサの大半がデマだと思っている。私が、今日、ここに来たのは、『どういうつもり』で、そんな大それた嘘をついたのか、問いただすためだ」

「俺が『どういうつもり』なのか、そんなに知りたいなら教えてやるから、耳をかっぽじれ」

 そう前を置いてから、
 センは、惜しみなく、赤裸々に、


 ――『これから起こること』を丁寧に語っていった。


 細かいところは省いたものの、
 幻爆の剣翼が舞って、
 全人類の首が吹っ飛ぶところは、
 シッカリと説明した。

 その結果、
 ナバイアは、


「まるで、終末論だな。あるいは、運命論かな? ともかく、よけいに胡散臭くなった」


 鼻で笑って、

「一つ聞きたいのだが、なぜ、その終末の日に、君だけが生き残る? 君だけが特別である理由はなんだ? まさか、君が『メシアだから』とでもいうつもりかな?」

「神の子を名乗る気はない」

 と、断言した上で、

「俺が異常であることの理由なんか知らん」

 と、言い切るセンに、
 ナバイアは、嘲笑するように、

「知らない? そいつはまた、ずいぶんと、お粗末な話だ」

 やれやれと首を横に振って、

「では、質問を変えよう。君は、時間を跳躍できるという話だが、ここからの株価の値動きについて、予言をしてくれないか? それがピタリと当たったら、少しは信じてあげようじゃないか」

「……」

 そこで、センは、ポリポリと頭をかいて、
 面倒くさそうなため息をついてから、

「……てめぇと遊んでいるヒマはねぇんだよ……」

 低い声で、威嚇するように、

「次、ナメた口をきいたら、その首、斬り落とすぞ」

 センの低音ボイスに対し、
 ナバイアは、

「はっ」

 と、鼻で笑い、

「戦場で生きてきた私に、ガキの脅しが通じるとでも? まともな殺気の一つも込められていない威迫に価値などない」

 ――ナバイアは、『恐怖』に対して鈍感なところがある。
 それは、性格の問題ではなく、脳の構造の問題。

 一言で言ってしまえば『疾患』の一種。
 情動を司る大脳辺縁系の一部分に、特発性の歪みが生じており、
 『共感性』や『純粋な恐怖』の感情が薄れている。

 戦場帰りによく見られるPTSDの類ではなく、
 生まれつき『感情の一部』に欠損が見られた。

 ――ゆえに、ナバイアは、センの脅しに屈しない。
 より正確に言うのであれば、
 『屈しない』のではなく、
 『センの胆力』が『理解できないだけ』なのだが。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く