『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

76話 裏金庫の開き方。

 76話 裏金庫の開き方。

「……私の視点でいうと、あなたは、全知全能級なので、とっくにご存じかと……」

「数分前まで、図虚空がモノを食べられるということすら知らなかった男だぞ。今後は、二度と買いかぶらないでくれ」

 そう前を置いてから、

「それで? その裏金庫ってのはどこにある?」

「すいません。場所は知らないのです」

「……へ?」

「裏金庫の場所を知っているのは、かつてのリーダーである『内野光平和』と、ミレーさんの父親である『紅院正義』の二人だけなのです」

「……ようするに、今は、紅院正義だけって話か……」

 そこで、センは、即座に、
 カズナへ電話をかけて、

「紅院正義と話がしたい。間を取り持ってくれ」



 ★



 ――翌日の午前9時、
 例のホテルに呼び出されたセンは、
 あえて、瞬間移動で、
 紅院正義の前に姿を現した。


「はじめまして、こんにちは、閃壱番です。よろしく、どうぞ」


 あえて呑気な挨拶を置いてくるセンに、
 紅院正義は、

「……驚いたな。瞬間移動か。……それとも、常人の目ではとらえられない超スピードで、この場にやってきたのかな?」

「普通に瞬間移動だよ」

 そう言いながら、
 センは、この場にいる『3名』の表情をチェックしていく。

 ここにいるのは、
 『紅院正義』と、
 『アレマップ・ゾーヤ』と、
 『グリムディ・ナバイア』の三名。

 センは、3人の顔をチラ見したのちに、
 コホンとセキをはさんで、

「さっそくだけど、裏金庫の場所を教えてくれ」

 その発言に対し、
 ナバイアが、

「理由は? ボーイ」

 と、シンプルに高圧的な『上位者の態度』で質問してきた。
 それに対し、センは、フラットな表情で、

「裏金庫に眠っている強化パーツは、『いつか現れるかもしれない超人』のために保管しておいたものだろ? つまり、俺のものってことだ」

「日本人は『卑屈とも思えるほどの謙虚さ』を美徳としている民族だと思っていたが……君の傲岸(ごうがん)さは、その印象から大きく外れているな」

「お前の日本人に対する印象なんざ、知ったことか」

 ナバイアの嫌味なセリフを、ピシャリと切り捨てて、

「世界を守ってやるから、さっさと、俺の強化パーツをよこせ。無駄な話をしている余裕なんざない。夜の探索のために、日中は、できるだけシッカリと寝ておきたいんだ」

 と、そこで、ゾーヤが、

「君が、『紅院美麗たち』ですら『てこずる』ほどのGOOを倒してみせたという話は聞いているわ……けれど、だからといって、即座に、裏金庫を解放する、ということはできないわね。何にだって、ステップとプロセスというものがある。裏金庫に保管されている宝は『人類の希望』とも呼べる代物――」

 そこで、ナバイアが補足するように、

「あの超天才戦士『内野』にすら使うべきかどうか悩んだあげく、結果的には保留となったほどのレアパーツたち。それほどの宝を、どこの馬の骨かもわからぬ者に――」

 ごちゃごちゃとうるさいナバイアの言葉を途中で遮り、
 センは、強い目で、

「そのレアパーツたちを、無駄に惜しんだりせず、すべて、内野に使っておけば、GOO大戦での損失を抑えられていたんじゃねぇのか?」

 単純な疑問をぶつけてみた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く