『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

74話 微々たる強化。

 74話 微々たる強化。

(この強化チップとやらは、図虚空に使えるのかね……)

 などと、心の中でつぶやきつつ、
 センは、黒木に、

「わるいが、これは俺がもらうぞ」

「私よりも、あなたを強くする方が合理的ですので、当然です」

「……理解力が高くて助かるよ。ところで、この強化チップってのは、どう使うんだ?」

「携帯ドラゴンに使う場合は、食べさせる感じなのですが……あなたは、ナイフに使用するつもりなんですよね? ……だとすると……ちょっと、見当もつきませんね」

「……ふむ……」

 センは、コンマ数秒だけ悩んだが、
 とりあえず、
 図虚空を召喚し、

「よし、喰え」

 と、無茶な命令を出してみた。
 なかば『ツッコミ待ちの発言』だったのだが、


「了解、ヒーロー」


 図虚空は、返事をした直後、
 刀身部分がガバっと、龍の口のような形に変形し、
 強化チップを、ペロっと丸のみにしてしまった。


「……うわー……きもーい」


「自分で命令しておいて、キモいとは、これいかに」

「いや、まあ、うん、そうなんだけどね……」



 0000000000000000000000000000000

 『図虚空』

 《アイテムクオリティ》 【2】
 《コアマテリアルランク》【2】
 《シンクロ率》     【1%】
 《装備者への愛》    【1】

 [HP]        【+12】
 [MP]        【+19】

 「攻撃力」       【+2(強化値2%)】
 「魔法攻撃力」     【+1】
 「防御力」       【+16】
 「魔法防御力」     【+18】
 「敏捷性」       【+1】
 「耐性値」       【+32】


 付与『ゼノ・サイコジョーカー』
   『シルバーキーサーチ』

 1111111111111111111111111111111



 ★



(……強化アイテムが図虚空にも使える、というのは、まあ良かったが……しかし、もともとのスペックが低すぎるから、『焼け石に水』感がいなめない……)


 さきほど発見した『攻撃力チップ小』を軸にして未来を考えた場合、
 仮に、『100個』見つけたとしても、
 図虚空の攻撃力は『6』になるだけ。

 『出来の悪いペーパーナイフ』が、
 『ちょっといい感じのペーパーナイフ』になる。
 という程度の強化でしかなく、
 当然だが、戦力アップを感じるほどではない。 

 そこで、センは、
 黒木に、

「強化パーツってのは、『パーセンテージで上昇するチップ』しかないのか?」

「いいえ。基礎パラメータが『5上昇』などの直接数値で上昇する強化チップもありますよ」

 計算式で言うと、
 『基礎パラメータ+基礎強化』に『強化パーセンテージ』が加わる感じ。

 仮に、図虚空へ
 『攻撃力+100』と『攻撃力+5パーセント』の二つを食べさせた場合、

 『2+100』の『5パーセント上昇』=『107』となる。


「……なら、併用していけば、元々がカスでも、ある程度は、ちゃんと強くできるか……」

 そうつぶやいてから、天を仰ぎ、

「とはいえ、気が遠くなる話なのは変わらねぇ……」

 ため息をつきつつ、頭の中で、計算するセン。

(……アイテム探索のペースは、この感じだと、おそらく、『1時間に一個』見つかれば上等……夜の時間を全て探索に使ったとしても、せいぜい、一日10個前後が限界……)

 アイテム強化の値が低すぎるため、
 10個程度だと、ほんのわずかしか強くなれない。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く