『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

73話 はじめての強化パーツ。

 73話 はじめての強化パーツ。

 ・黒木に説明、
 ・ロイガー撃破、
 ・茶柱に説明、
 と、面倒なステップを踏んで、
 ようやく、ウムル戦まで戻ってきたセン。

(ノーダメージ勝利は絶対にダメ、ノーダメージ勝利は絶対にダメ)

 と、心の中で、呪文のように繰り返しながら戦闘開始。

 センは、初手に、正面からダッシュをかますという、
 相手からした『100%謎の自爆行動』をとった。

 ノーダメージ勝利をおそれるあまり、
 突飛な行動をしてしまったセン。

 反射的にカウンターを決めたウムルは、

「っ?! ……なんだ? なにがしたい? まるで、殴られにきたかのような……」

 その言葉に対し、
 センは、ニっと微笑んで、
 あふれ出た鼻血を右腕でふきとりながら、

「殴られたかったんだよ……これで、ノーダメ―ジじゃねぇ」

「……はぁ? 貴様、もしかして、頭がおかしいのか?」

「もしかしなくとも、完全に頭はおかしいよ」

 そう言ってから、武をかまえなおして、

「さぁて、それじゃあ、本番をはじめようか……いくぞ、ウムル=ラト。殺してやる」

 その後は普通に闘い、
 結果的には、ほぼノーダメージで勝利した。

 一応、念のため、戦闘中に、何度か、
 『楽に避けられる攻撃』にも『あたっておく』、
 という徹底ぶりをみせつけた上での勝利。


「……異常事態は……起きないな……よし」


 ウムルを殺してから、
 しばらくは、緊張状態を保って、
 周囲を観察していたが、
 10分ほど経過したところで、
 『大丈夫だろう』と胸をなでおろし、

「……さて……それじゃあ、念願のアイテム探索を開始しようか……」

 言いながら、センは、黒木に電話をかけた。



 ★



 ――黒木の協力を得て、アイテム探索を開始し、
 10分ほど経ったところで、

「あ、ありましたよ」

 廊下にぽつんと落ちていた宝箱を発見。

(……開けた瞬間に、『紅院が異空間に飛ばされます』……みたいなクソ展開にならないだろうな……)

 などと、疑心暗鬼になりつつも、
 センは、宝箱を開けてみた。
 すると、

「……? カード?」

 中には、花札サイズの小さな『カード的な何か』があった。

 横から、宝箱の中を覗き込んだ黒木が、

「ああ、これは普通の『強化チップ』ですね」

 言いながら、
 自身の携帯ドラゴンで、
 強化チップをサーチすると、

「……『攻撃力を強化するチップ』の『小』ですね。攻撃力上昇値は2パーセント程度です」

「……2パーセントというのは、良い方なのか?」

「強化パーツの上昇率は、だいたい、2~3パーセントぐらいですね。たまに、5~6パーセントぐらい上昇するチップも見つかります」

「……50個ぐらい見つけたら、ようやく火力が倍になる感じか……」

 そうつぶやきながら、
 センは、図虚空の『火力の低さ』を思い出し、

(……『種族値ポ〇ポ』みたいな攻撃力が、たかが2パーセント上昇したところでなぁ……)

 ため息をはさんでから、

(……そもそも、この強化チップとやらは、図虚空に使えるのかね……『携帯ドラゴン専用』で、他のマジックアイテムを強化することはできません……みたいな感じだったら、ウザいな……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く