『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

70話 期間限定で全知全能のセンエース。

 70話 期間限定で全知全能のセンエース。

 ――その日の夜、
 ロイガー瞬殺後、
 前回と同じく、例の喫茶店に訪れた黒木は、
 机に座っている『セン(仮面つき)』を見ると、

「……一応、顔を見せてもらっていいですか?」

 同じ流れを経て、
 彼女に、自分の存在を信じさせたセンは、

「あらためて、状況を説明させてもらう。まず――」

 最低限の現状説明を付け加えてから、

「――今日のところは帰っていい。……が、明日以降の夜は、全部、俺にくれ。とにかく、全力でアイテムを探す。出来れば、昼間に、たっぷり寝ておいてくれ」

 前と同じく、黒木を返したセン。

 天を仰ぎ、

「はぁ……同じ日を繰り返すのって……精神的にしんどいな……」

 ボソっとそうつぶやいた。

 ――その直後のこと。
 カズナが店に入ってきて、
 センのトイメンに腰かけ、

「陛下、ここからどうなさるおつもりで?」

 『判断の全て』をセンに丸投げしているカズナは、
 まだ精神的に余裕がある。

 『思考停止して、手足に徹する』
 それは、彼女の性分にもあっていた。
 だから、まだ耐えられている。

 しかし、それも、いつまで持つか……

「とりあえず、茶柱は放っておく……そうすれば、明日、普通に、茶柱が俺に襲撃してくるだろう」

「ツミカが仕掛けた爆弾はどうしますか? ご命令いただければ、捜索し、解除しておきますが?」

「放っておいていい。爆弾は、俺がゴネた時用の保険。俺がゴネなければ、使われることはない。明日は、あいつの言う事を、黙って聞いてやるさ」


 ★


 ――翌日の朝、

 例の喫茶店で一夜をあかしたセンは、
 マスターが淹れてくれたコーヒーをすすりながら、
 携帯が鳴るのを待っていた。

(……そろそろのはずだが……)

 と、『2周目』の時の事を思い出しながら、
 時計をチラ見していると、

「……きたきた」

 そこで、
 軽快にスマホが鳴り響いた。

 表示された番号は、間違いなく茶柱のもの。

「はい」

 電話に出ると、
 茶柱は、

『どちら様ですかにゃ?』

 などとぬかしてきたので、

「俺は今、お前が、『俺を呼び出そう』と画策している喫茶店にいる。さっさと来い」

『……』

「あ、そうそう……爆弾のスイッチからは手を離せ。それを使う必要はない。俺は逃げも隠れもしない」

『……あんたは、もしかして、全知全能なのかにゃぁ?』

「全知全能だったら、お前の対応ごときに頭を抱えたりしない。いいから、さっさと来い」

 そう言って、センは電話を切った。


 ★


 ――それから五分も経たないうちに、
 茶柱は、喫茶店に入ってきた。

「まったー?」

 先に席についていたセンに対し、
 茶柱は、片手を上げながら、
 そう声をかけてきた。

(そのセリフ……はじめて正常な使われ方をした気がするな)

 などと心の中で思いながら、

「昨日の夜から、ずっと待っていたよ」

 と、嘘偽りない言葉を並べていく。

 茶柱は、そんなセンの言葉に対し、
 数秒だけ頭を使ったようだが、

「……それで? あなたは、どちら様なのかにゃ?」

「センエース。未来人だ。5日後の22日からタイムリープしてきた。タイムリープした回数は、今回で3回目。その間に、お前とは、何度も話している。時間がもったいないから、余計なボケを挟まず、黙って俺の話を聞け」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く