話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

69話 飽き飽き。

 69話 飽き飽き。

「どこにドボンポイントがあるか、さっぱりわからない以上……無数の試行回数が必要になる……となると……」

「銀のカギを……大量に入手しておく必要性がありますね」

「そういうことだ……最低でも10本……理想で言えば、1000本ほど欲しい……」

「……もし、仮に、1000本みつかったら……1000回……やり直すつもりですか?」

「当たり前だ」

「……もし、1000回やりなおして……それでも、世界を救う方法を見つけることができなかったら……どうしますか……?」


「その時は……」

 そこで、センは、
 殺人鬼のような瞳で、
 全世界を睨みつけて、



「当たり前のように……1001本目の銀のカギを探してやる……」



 覚悟を口にしたセン。
 その横顔をみながら、
 カズナも、

「……お付き合いさせていただきます……最後の最後まで」

 覚悟を口にした。





 ★



 ――17日の朝、

「……ふぅう……」

 深いタメ息をつきながら、
 センは、ベッドから起き上がる。

 まずは、時間をチェックしてから、窓の外をチェック。
 図虚空が召喚できるかどうかもチェックしてから、
 センは、机の上に置いてある袋を手に取って中を確認する。

「25、26、27、28……よし、全部、あるな」

 前回の六日間で発見した『28本』、
 そのすべてがキチンと引き継げていることを確認すると、

「……リトライチャンスは、無数にある……一週間程度のループは、大して苦じゃねぇ」

 自分に言い聞かせる。
 本当に、すでに、だいぶ苦しいのだが、
 しかし、偽りのカラ元気で自分を鼓舞する。

「何度でもやりなおしてやる……俺が望むハッピーエンドにたどりつくまで……何度でも……何度でもっ」

 そこで、電話がかかってきた。
 もはや確かめるまでもない。


「――今回の初手は、いかがいたしますか?」


「前回と同じだ。まずは、黒木と交渉する」

 そうつぶやきながら、センは、心の中で、

(できれば、黒木との交渉が終わったタイミングにセーブポイントをつくりたいんだが……そういう細かいことができないのが、銀のカギの難点だな……また、同じ説明をしないといけねぇ……クソめんどい……)


 ★


 ――数十分後、
 センが、あらかたの説明を終えたところで、
 黒木は、怪訝そうな顔で、

「……まるで、下手な役者が、前日に暗記したセリフを、そのまま諳(そら)んじているかのような……そんな印象を受ける説明だったのですが、これは私の気のせいでしょうか?」

「気のせいではなく、解釈ミスだな。『全く同じことを2回もさせられて辟易している』というのが正解だ。正直、お前に事の流れを説明するのには、もう飽き飽きしている」

「……2回……」

「俺がタイムリープしたのは、これで3回目だ。よって、お前に、俺の状況を説明したのは、合計3回。前回と前々回では、状況が少し違ったが……前回と今回は、全く同じ……だから、正直、クソしんどい」

「……」

「俺の言葉を疑いたければ、好きなだけ疑え。この『朝の交渉』は、所詮、前フリ。夜になれば、もう、俺の事はうたがえない。大事な話は、そのあとにしよう」

 そう言って、センは席をたった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く