『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

68話 世界の終わり。

 68話 世界の終わり。

 ――瞬間移動で自分の部屋に戻ったセンは、
 しばらくの間、エイボンの書を読み込んでいたが、

(特に、なにかヒントにつながる情報はないか……)

 前回は、S級を呼ぶことにばかり注視しており、
 ほかの項目に目を配ることができなかった。

 ゆえに、今回は、時間がある時に、
 エイボンの書を、
 ある程度、じっくりと読んでおこうと思ったのだが、

(無駄な時間だったな)

 特に得られるものはなかった。

(とりあえず、今日は寝て……明日の夜にそなえよう)

 センは、翌日の夜から開始される予定のアイテム探索に想いを馳せつつ、
 眠りについた。



 ★



 ――翌朝、

 ドォオオンッ!

 という爆発音で、センは目を覚ました。

「……うぇええ?!」

 二回目なので、ある程度、予測がついてしまった。
 寝起きでありながら、しかし、センは、即座に、ベッドから起き上がり、
 いそいで、窓の外を見てみると、

「……ちぃっ……」

 向かいの通りに、首から上がなくなっている死体が、何体か転がっていて、
 あちこちで、モクモクと煙が上がっていた。

「……なんで……今日……」

 ギリリっと奥歯をかみしめるセン。

「まさか……剣翼が舞うタイミングは……ランダムなのか……?」

 地獄のような予想をしてしまったことで、
 センの頭が真っ白になりかけた。
 フラっとして、倒れかけた。
 というか、実際に倒れてしまった。

 意識を失ったわけではないが、
 脱力してしまい、大の字で、天上をにらみつける。

「……くそがぁ……」

 吐き捨てながら、
 どうにか立ち上がって、窓の外をにらみつける。

 世界は、間違いなく終わっていた。

 絶望に打ちひしがれていると、
 そこで、センは、一台のバイクが、
 こちらに向かっていることに気づいた。

 ヘルメットはしていなかったが、
 仮に、ヘルメットをしていたとしても、
 彼女がカズナであることには気づけただろう。

 なぜなら、二回目だから。



 ★



「これは、いったい……どういうことでしょう? まさか……発動は、ランダムなのでしょうか?」

「その可能性もあるだろう……ただ、一つ、予想すると……もしかしたら、『ウムルを殺す』というルートを通らないと、即バッドエンドになってしまう……のかも……」

「……なるほど。ウムル=ラトを撃破することが、トゥルーエンドに届くための『絶対条件』の一つ……ということなのでしょうか?」

「かもな……この予測が当たっていた場合……ウムルだけじゃなく、他のGOOにも……いや、GOOだけじゃなく、ありとあらゆるすべてに、『絶対条件』となる分岐点が設定されていて、ミスったら即アウトになるのかもしれない……」

「……いかが……いたしますか……これから……」

「さいわい、銀のカギは、もう一本ある……次は、ウムルを確実に殺す……その上で……『辿るべきルート』を模索していこうと思う……」

 センは、折れそうになる心を必死に押さえつけて、

「どこにドボンポイントがあるか、さっぱりわからない以上……無数の試行回数が必要になる……となると……」

「銀のカギを……大量に入手しておく必要性がありますね」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く