『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

65話 情報無双といこう。

 65話 情報無双といこう。

「……あなたは、何者ですか?」

「5日後の22日から、タイムリープしてきた者だ、こんにちは」

「……」

 そこで、黒木は、コーヒーで間をおいてから、

「……タイムリープ……ですか……それは……『記憶の時間移動を果たした』という意味であっていますか?」

「ああ」

「……そのマジックアイテムの力で……ですか?」

「いや、別のアイテムを使った」

 そこで、センは、
 丁寧に、図虚空と、銀のカギについて解説した。

 センの拙い説明でも、
 黒木の頭脳があれば、
 問題なく理解できた。

 センは続けて、22日までに起こることを、
 ザっと説明していく。

 これから何が起こり、
 どうヤバいか、
 それを、シッカリと伝えていく。

「なるほど……」

 黒木は、そうつぶやいてから、

「今、この瞬間に、すべてを完璧に信じる……というのは難しいですが、しかし、あなたの話が全て事実だった場合……」

「今は信じなくていい。今日の夜、ロイガーが召喚されて、お前らは苦戦する。そのロイガーを、俺が、瞬殺するところを目の当たりにしてから、あらためて、信じればいい」

「……」

「今日の夜以降、もしかしたら、お前は、『センエースが自らロイガーを召喚したのでは?』という疑問を抱くかもしれない。その時はこう思え。『仮に、俺の自演だったとしても、お前らが苦戦したロイガーを、俺が瞬殺できる事実に変わりはない』と」

「……そうですね。仮に、あなたが『私たちが束になっても敵わない相手を瞬殺できるほどの力』を持っていた場合……何をどうしようと、対抗なんてできない……『盲目にあなたの話を信じておく方』が、精神安定的にはもちろん、実質的にも合理的な気がしますね」

 そこで、黒木は、ハンカチを取り出して、
 額に浮かんだ汗をぬぐう。

 表情は一貫してクールなままだが、
 内心では、それなりにバクバクしている。
 自律神経に理性は通じない。
 心と体は、なかなか、自由になってくれない。

「あなたの話は、だいたい理解できました。それで? 私にどうしろと?」

 そこから、センは、
 『僕と契約して~』の流れを踏襲した。

 あらかたの説明を聞いた黒木は、

「一つ聞いていいですか?」

「なんだ?」

「誰よりも先に、まず、私にコンタクトをとった理由はなんですか?」

「K5の中で、お前が一番マシだから」

 そう言い切った上で、
 さらに、センは、

「というか、他のヤツがヤバすぎる」

 と、純粋な本音をつけたした。




 ★





 ――学校でのイベントに変化はなかった。
 班決めが行われ、
 ジャンケンで、トコが代表になり、
 そして、

「お前が閃壱番(せんいちばん)だな?」


 例の佐田倉イベントがはじまった。

 この時、センは、
 これまでとは違い、

「……はい、そうです」

 と、歯向かうことなく相手に話をあわせていく。

 スムーズに事を運び、
 佐田倉から、

「とりあえず、当日は休め」

 と命じられたさいも、

「了解でーす、それでは~」

 と、そう言って、
 素直に帰ろうとしたのだが、
 しかし、そこで、
 佐田倉が、

「いや、待て、待て」

「なんすか? 用件はもう終わったでしょ?」

「呑み込みがよすぎて、気持ちが悪い。俺の言葉を、ちゃんと理解しているのかどうか不安だ」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く