『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

63話 『銀のカギ』のリミット。

 63話 『銀のカギ』のリミット。

 ――それからというもの、
 センは、学園中をかけまわって、
 『銀のカギ』を探しまくった。

 丸一日以上かけて探し回った結果、

「――あ、反応あり」

「マジでかぁぁああっっ?!」

 自分の教室を散策中に、
 図虚空センサーが反応。

 床の下にあることが判明し、
 センは、図虚空で、サクっと削っていく。

 すると、

「っしゃっ……ようやく、見つけたぜ……っ」

 『自分の席』の真下に、
 『2本』ほど埋められていた。

「……『灯台下暗し』っつーか……こうなってくると、ただのいやがらせだな……」

 つぶやきつつも、

「まあ、ともかく、手に入れた……それも、2本……これで、次のループで失敗しても、まだチャンスはある……」

 などと口にしながら、
 なんとなく『銀のカギ』をジックリと観察していると、
 そこで、気付く。

「……これ、なんか……前に見た時よりも、魔力量が弱くなっているような……」

 そうつぶやくと、
 図虚空が、

「魔力量というよりは、『存在感』が薄くなっているんだ。『銀のカギ』には時間的なリミットが設定されている」

「なんで、そんなことがわかる?」

「アップグレードしたから」

「ふぅん……ちなみに、銀のカギに関すること以外で、アップグレードにより追加された要素とかあるか?」

「特にない」

「了解……」

 そうつぶやいてから、センは、

「時間的リミットねぇ……ちなみに、その辺の詳細は分かるか?」

「今夜0時。それを過ぎると、消えてしまう」

「ガラスのクツかよ……」

「ちなみに、現状、俺にわかるのはここまで。それ以外を問われても何もわからない」

「ようやくまともなSiriになったかと思ったら、まだポンコツのままか……もう少し、大胆に進化してくれると助かるんだが……」

 と、つぶやきつつ、
 センは、銀のカギを睨みつけ、

「……すべての『銀のカギ』に、この時間的リミットが制限されている……と考えた方がいいかもな……」

 『22日の23:59』がリミットで、
 使用した場合、
 『17日の朝』に飛ぶ。

「試行回数が少なすぎて、まだ、何も確定はできねぇ。もしかしたら、これを使った時は、17日以外の日に飛ぶかもしれねぇし、次回飛ぶ時はリミットがもっと短くなっているかもしれないし……もっといえば、『銀のカギ』は、全体で一つという考え方であり、使えるリミットは、全部あわせて『今日の0時』という可能性もなくはない」

 様々な可能性を考えつつ、

「……まあ、いい。やってみればわかること。0時までは、残り9時間。まだ探せる。……時間いっぱい『銀のカギ』を探してから、過去に飛ぶ」

 決断すると、
 センは、また学校中を駆け回る。





 ★





 ――17日の朝、

「……夢じゃねぇんだろ? 知ってるよ」

 そうつぶやきながら、
 センは、ベッドから起き上がる。

 まずは、時間をチェックしてから、窓の外をチェック。
 現在は、5月17日の朝であり、
 窓の外の通りでは、普通に、人々がいきかっている。

「……図虚空、こい」

 呼び出すと、図虚空は、普通に召喚できた。

「これはOK……あとは……」

 そこで、センは、机の上に置いてある袋を手に取って、
 中を確認してみた。

「……よし、『銀のカギ』も持ちこせる……」

 もう一本の銀のカギを手に取り、
 じっくりと観察すると、

「……存在感が増している……リミットゲージが回復した……とみて、間違いないかな?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く