『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 つーか、これが限界!

 62話 つーか、これが限界!

「俺は、てめぇになんの怨みもねぇ。ただ、お前を殺した経験値で、自分の武器をパワーアップさせたいだけ。凄まじく自己中心的な理由で、俺はお前を殺そうとしている」

 センは、真摯に事実を語る。
 嘘はつかない。
 ここで嘘をつく必要性が皆無だから、
 というのが、当然、一番の理由だが、
 それ以外にも、
 『身勝手に命を奪うのだから、最低限、真摯ではありたい』
 という、妙な理由もある。

 この心情は、
 食事の際に、
 ――手を合わせて、『いただきます』と言う――
 みたいな感覚に近いかもしれない。

「ゆえに、お前は俺に文句をいう権利がある。俺を恨む理由がある。別に、その事実から目を背ける気はねぇ。俺は、自分の欲望のために、他者を喰らおうとしている。――だが、そこに関して、変に己を卑下したりもしない。なぜなら、生きるというのは、そういうことだから。俺は俺の業から目を背けたりしない。からっぽの正義感をうたったりもしない。俺は、俺の欲望のために! お前を殺す!! あの世で、存分恨め!!」

 覚悟を叫ぶと、
 センは加速した。

 精神的負荷の量を爆発させて、
 自身の質量を暴走させる。


「――業鬼一閃――」


 力強い一閃で、
 クルルーの中心をぶったぎるセン。

 命が終わる直前、
 クルルーは、

「……ただの養分として喰われて終わる……まあ、それも一興か……」

 ボソっとそうつぶやいた。

 クルルーの魂魄は、
 図虚空に回収される。

 これで、準備は整った。

「――既定の経験値を会得した。これより、アップグレードを開始する」

 図虚空が、闇色にまたたいて、
 ギュンギュンと、謎の波動音を放つ。

 アップグレードにかかった時間は、およそ十秒後、
 進化した図虚空は、

「……またゴツくなったな……俺好みで、悪くない」

 より狂気的な姿へと変貌していた。

「これほど形状はエグいのに、ナイフとしての火力そのものは、相変わらずゴミ……そのファニーな感じも、個人的には悪くない……いや、まあ、嘘だが。普通に火力も上がってほしかったが」

 などと、どうでもいい事をつぶやいてから、

「さて……これで、『銀のカギ』をサーチできるようになったんだよな……さっそく、銀のカギを見つけてくれ。どこにある?」

 そう呼びかけると、
 図虚空は、

「世界中をサーチできるわけじゃない。ある程度、近づいてくれないと、見つけることは不可能」

「……なるほど。まあ、普通に考えれば、そりゃそうかって話だ……」

 そうつぶやいてから、
 センは、時空ヶ丘学園へと瞬間移動する。

「どうだ? あるか?」

「付近にはない」

「付近って……どのぐらいだ?」

「半径30センチ以内には存在しない」

「……さんじゅ……センチ?」

「サーチできる範囲は、およそ30センチだ」



「30センチ以内にまで近づいたら、肉眼で見えとるだろうが!!」



「壁の向こうに隠されていた場合だと、肉眼では無理だろう」

「いや、まあ、そうなんだけど……いや、わかるんだけど……けど、索敵範囲、もう少し、どうにかならねぇか?」

「半径30センチまでで十分……っ!! つーかこれが限界!」

「やかましわ! なに、小粋なネタで返してきてんだ!」

「ツレないな。お前のノリに合わせてやったというのに」

「自分がやるのはいいが、相手にされるとハラたつ」

「身勝手なヒーローだな、まったく」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く