『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

61話 『S級GOOクルルー』VS『究極超凡人セン』

 61話 『S級GOOクルルー』VS『究極超凡人セン』

「……悪いな、ジーサン。あんたの死体……使わせてもらうぜ」

 そうつぶやきながら、
 召喚の儀式を実行する。

 すると、
 正義の体が世界に溶けていき、
 先ほど、床に彫り込んだジオメトリがカっと光った。

 そして、召喚される。
 タコの頭をした屈強な化け物。

 S級GOO『クルルー』は、

「……私を呼んだのは、貴様か」

 と、威厳たっぷりの口調で、重々しく、

「なぜ、私を呼んだ?」

 そう問いかけてきた。

 センは、そんなクルルーに、

「経験値がほしかったから。まる」

「…………はぁ?」

「俺から呼び出しておいてなんだが……お前ごときと、ゆっくり遊んでいる時間はない。俺はヒマじゃないんだ。というわけで……」

 そこで、センは、図虚空のトリガーを引いて、
 精神的負荷を上げていき、

「いくぞ、クルルー。サクっと、殺してやる」

 そう宣言すると同時に飛び出した。

 瞬間移動にメリハリをつけて、
 軽やかに残像を残しながら、
 センは空間を駆け抜けていく。

「むっ……き、貴様、人間ではないのか……なんだ、その過剰な強さ……っ」

「たぶん、人間だと思うんだが、最近、いろいろあって、ちょっと自信がなくなっているところだ!」

 などと応えつつ、
 センは、冷静かつ的確に、
 クルルーの生命力を削っていく。

 最初は、イグ同様、一撃で中心を削り取ろうと思ったのだが、

(S級って称号は伊達じゃねぇな……強ぇ、強ぇ……)

 とてもじゃないが、サクっと一撃とはいかなかった。

(ウムルよりちょい下ってところかな……)

 仮にS級GOOの点数をつけるとすると、
 『イグ』 『1点』
 『ウムル』『20点』
 『蓮手』 『50点』
 ――といったところ。

 ※ この数字は、あくまでも、『セン』の『独断・偏見・主観全開』な、ひどくザックリとしたもので、まったくもって正確性は皆無。

 その点数にあてはめた場合のクルルーは、

(……アマく見て18点、カラく見て12点……ってところか……)

 ちなみに、言っておくと、『イグ』は、決して、弱いS級ではなかった。
 間違いなく下位の方にいるため、『比較的弱い』のは事実だが、
 しかし、『1点をつけられてしまう』ような『恥さらし』級ではない。
 単純に、ビルドが『特殊支援型』寄りで、
 前線型と比べたら生命力が低く、
 センとの属性相性的にも、あまりよろしくなかったため、
 『センからすれば楽勝だった』――というだけの話。

 ――つまり、単純な存在値の数字で言えば、
 イグとクルルーの間に、そこまで莫大な開きがあるわけではない。

 実際にランク付けしようとした場合、
 仮に、ポケ〇ンで例えると、
 イグ   『ツ〇ツボ』、
 クルルー 『ナ〇シー』、
 といったところ。

 ――と、そこで、イグが、

「……貴様の私に対する殺意……それは、憤怒や怨恨ではないな。どこか、義務感のような気配を感じる」

「正解だ、クルルー。俺は、てめぇになんの怨みもねぇ。ただ、お前を殺した経験値で、自分の武器をパワーアップさせたいだけ。凄まじく自己中心的な理由で、俺はお前を殺そうとしている」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く