『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

60話 紅の王を生贄にささげ、S級GOOを特殊召喚!

 60話 紅の王を生贄にささげ、S級GOOを特殊召喚!

「……間違いなく、エイボンの書だな……よし、まずは、第一関門突破」

 そうつぶやきつつ、
 中を確認していく。
 他はとりあえずシカトで、神話生物召喚の項目を開き、

「S級……S級の召喚方法……」

 探しているうちに、気付いたのだが、

「……ところどころ、塗りつぶされているのは……茶柱がやったのか? それとも……」

 暗闇のようなインクで、グジャグジャに塗りつぶされている個所が頻繁にみられる。


 パラパラと、神話生物召喚の項目をめくっていると、

「……あった、S級の召喚方法……」

 ・S級GOO。
 ・『クルルー』
 ・召喚方法。
 『きわめてすぐれた知性・カリスマ性・資産・野心・社会的地位を持つ【王】の死体を生贄にささげる』

「……」

 理解すると同時、
 センは、瞬間移動で、カズナの元に飛んで、

「――久剣、『紅院正義』の死体の場所、わかるか?」

 急な質問を受けることにも慣れたのか、
 カズナは、疑問符をはさむことなく、

「おそらく、例のホテルかと。昨夜は、『事故の件』について、『陛下にどう説明するか』を、委員会の主要人物たちと、会議をする予定だったはずですので」

「サンキュー。――あ、魔導書は見つけたから、ここは引き上げて、自分でやるべきと思ったことをやってくれ。もう、さすがに指示しなくても、何をすべきか、自分の頭で考えられるだろ?」


「っ……はいっ!」


 気合いの入った返事をするカズナに、

「OK。じゃあ、いってくる」

 そう言うと同時に瞬間移動。
 慌ただしく、あっちこっちへ瞬間移動。

 ――ホテルにたどり着いたセンは、

「……死体の山はもう飽きた」

 周囲の死体にウンザリしつつ、
 前回の記憶を頼りに、
 正義(まさよし)の死体を探していく。

 首から上は爆発しているので、顔で判断はできない。
 とはいえ、特徴的な和装をしていたので、発見できれば、識別は可能。


(あった、あった。同じコーディネートだから、助かったぜ)


 前回の時と全く同じ和服を着ていたので、すぐに発見することができた。
 そこで、センは、エイボンの書を再読する。

 『生贄にささげる方法』も細かく書いており、
 それは、さほど難しい内容ではなかった。
 『生贄』となる『媒体』さえ用意できれば、
 問題なく実行できる簡単な召喚。


 さっそく準備を行おうとして、
 ――そこで、ボソっと、

「……これ……生贄にささげられた命は、永遠に地獄をさまようとか、そういう感じのアレじゃないだろうな……」

 そうつぶやくと、
 そこで、図虚空が、

「死体を消費するだけだ。火葬と大差ない。紅院正義の魂――『中心』は、すでに、コスモゾーンによって回収されている」

「……コスモゾーンってなんだ?」

「運命の観測者」

「……なるほど、厨二病患者か」

「あながち間違ってはいない」

「そこは間違いであってほしいところだが……」

 などと言いながら、
 センは、図虚空で、床にジオメトリを彫りこんでいく。

 そこそこ複雑な模様だったが、
 2時間ほどで、どうにか書き上げる。

 全ての準備が終了したところで、
 正義(まさよし)に視線を向けて、

「……悪いな、ジーサン。あんたの死体……使わせてもらうぜ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く