『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 醒めぬ悪夢に落ちるがいい。


 59話 醒めぬ悪夢に落ちるがいい。

(これも、まあ、本音なんだろうなぁ……)

 センは、心の中でつぶやく。

『息が苦しい。ちょうどいい暗さだ。全部心地いい。痛いと感じる全てが、からっぽの嘘で満たされて、冷たくなっていく。わからない。全部。消えてしまう。何もかも。どうしたらいい。何を言えばいい。何を言ってほしいのか、言ってくれれば、少しは分かるはず。本当に? 知らない。どうでもいい。死ぬなよ。ウザいな。形にならない。声にならない。全部溶けてなくなって、そしたら、心の位置が分かる? 嘘ばかりつくなよ。からっぽだな』


(……歌詞か? ……いや、めちゃくちゃに書きなぐっているだけか……)

『下の階をユウキのフロアにするとは聞いていたが、なんで、死んでも、普通にあの子のために契約とかしてんの? ウチの親、どっちも頭わるすぎ。ほんと嫌い』

「……死んでも契約……もしかして、今も?」

『誰も使わないというのも、もったいない。倉庫として使ってやる。ありがたく思え』

「……んー……」

 そこで、センは、日記をもとの場所に戻すと、
 そのまま、きびすを返して、
 瞬間移動で、下のフロアに向かう。

 一部屋ずつ、サクっと中を確認していく。

 生活感は皆無だし、
 倉庫として使われている様子もない。

 ただ、

「……ビンゴか……?」

 とある一室の奥に、
 『お札型のマジックアイテム』で封印されている部屋を見つけた。


「――『一閃』――」


 マジックアイテムを力技でブチ破り、
 中に入ると、


「……はい、みっけ」


 真っ白な空間、
 床には大きなジオメトリ、
 そして、床の中央に置かれている、一冊の魔導書。

「……探知阻害と、気配切りと……あと、ガーディアンか……」

 そうつぶやきながら、
 センが歩を進めると、

 ジオメトリがカっと光って、

 闇を具現化したような怪物が召喚された。


「……盗人よ。貴様の現実は今日終わる。私はコス。夢をつかさどる神の一柱。醒めぬ悪夢に堕ちるがいい」


 コスの名乗りに対し、
 センは、ほとんどシカト気味に、

「……図虚空、あいつのランク、分かるか?」

「A級」

「……ちっ……いらねぇ」

 そうつぶやくと同時、

「一閃」

 図虚空を横に薙いだ。


「きぴっ――」


 一瞬で中心をぶった切られ、
 あっさりと死んでしまったコス。

 センは、コスの死体を、邪魔だとばかりに蹴り飛ばし、

「これはフェイクで、実はエイボンじゃありません、みたいなオチじゃないだろうな……」

 そうつぶやくと、
 図虚空が、

「A級をガーディアンに使っておいて、フェイクはありえないだろう。センエース、お前、強くなりすぎて、いろいろと、現実を見失っているぞ」

「……そうか。A級って、めちゃくちゃ強い部類だったっけ……ま、でも、あの茶柱なら、『その勢いで徹底したフェイク』もなくはない気もしないではない……」

 などとつぶやきながら、
 センは、表紙をジっと見つめる。
 最初は、意味不明な文字だったが、
 数秒たつと、ジワァっと、日本語に変化していく。

「……間違いなく、エイボンの書だな……よし、まずは、第一関門突破」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く