『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

58話 下着も日記も全て漁っていくスタイル。

 58話 下着も日記も全て漁っていくスタイル。

「最上階のフロアは全てツミカのものです」

「……なるほど。これが、噂のセレブ買いってやつか」

 などと言いつつ、一部屋ずつ、カギをこじあけて、
 茶柱の遺体を探していく。

 生活感のある一室のリビングに、
 首から上がない茶柱の死体が転がっていた。

 その死体姿を見て、
 一瞬、気が遠くなりかけたが、

「……ふぅぅううう」

 深く息を吐くことで、どうにか、自分の感情を律する。

「……最悪……きわまる……」

 奥歯をかみしめながら、
 センは、茶柱罪華の死体を漁っていく。

 何度も吐きそうになったが、
 鋼の精神で耐えていく。

 結局のところ、何も見つかりはしなかった。
 ――と、理解できたところで、
 センは、

「……図虚空、何か、魔導書の気配とか、感じたりしないか?」

 そう問いかけるが、

「何も感じない」

「……本当に使えねぇSiriだ」

 吐き捨ててから、

 センは、家宅捜索を始めた。

 空間内に存在するすべての収納スペースをひっかきまわしていく。

「……『最低』がとまらねぇな……」

 下着や衣類などのスペースは、
 すべて、カズナに任せ、
 それ以外の全てを、センが担当する。

(久剣がいてくれてよかった……下着を漁るのは、さすがにしんどすぎるからな……)

 心の中で、そんなことをつぶやきながら、
 魔導書が隠されていないか捜索する。

 その途中で、センは、茶柱の日記を見つけた。

(日記をつけるタイプには見えなかったが……)

 そんな事を想いつつ、
 読むかどうか一瞬躊躇する。

 ――が、すぐに、

「……当人の死体を漁っておいて、なにをいまさら……」

 覚悟を決めると、
 日記帳を開く。

(日記というか……『スケジュール手帳』兼『一口メモ』的な感じか……)

 総理の娘ともなれば、
 『やらなければいけない事』というのも、
 それなりには存在する。
 皇室ほど徹底した管理がされるわけではないが、
 しかし、『列強の代表』という地位はやはり重たく、
 その家族ともなれば、『義務』の量もそれなりに多い。

「……グチが多いなぁ……」

 『あのハゲ、死ねばいいのに』
 とか、
 『あのデブ、二度と、こっち見るんじゃねぇ』
 などと言った、罵詈雑言が各所にメモられていた。

 そんな、一言グチが散見される中で、
 他と比べて明らかに丁寧な長文が記されていて、
 その内容は、

『ユウキが死んだ。スッキリした。ああいう人間は死ぬべきだと思う。ああいう人間は、この世界にいるべきじゃない。意味不明。大嫌いだ。死んでくれて、本当に助かった。ありがとう、運命。おかげで、惨めな思いをしなくてすむ。よかった、よかった。マジで嫌いだ。あんなやつ。もういっそ、あいつだけじゃなく、全部全部、なくなってしまえばいい。トコもミレーもマナミもカズミも全員、嫌い。全員、死ね』

 書き殴られた言葉を読んで、
 センは、軽くタメ息をついて、

(……これも、まあ、本音なんだろうなぁ……もちろん、これが全てじゃないだろうが……これだって、間違いなく、あいつの心にあるガチの想い……)

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く