話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

55話 黒い結晶。

 55話 黒い結晶。

「首魁は、確実に『俺が、あいつらを守れないタイミング』を狙っている。根本をつぶさない限り、この地獄はおわらねぇ」

 24時間365日、ずっと神経を張り巡らせることが可能なら、
 『茶柱と黒木を守ること』だけは、どうにか出来るかもしれない。

 だが、センが人間である以上、それは不可能。

(不眠不休で活動できるアイテムがあれば……携帯ドラゴンなんていう『無茶なアイテム』が実在するんだから、『寝食不要でも生きていけるアイテム』ぐらいなら、あっても別におかしくはねぇ……茶柱が言っていた『寿命の半分で願いを叶えてくれるニャル様』なんてものが、ガチで実在するのだとしたら、それに、人体改造を頼んでみるというのもアリ……)

 考えていると、
 そこで、カズナが、

「……陛下……ここから……どうしますか?」

「まずは、学校で、銀のカギを探す。見つからなかったら、その時、また考える。とにもかくにも、銀のカギだ。あれがないと、話にならない」

「私は……どうすれば?」

「手伝え。人海戦術だ。とにかく、全力でしらみつぶしをする」





 ★





 それから一日中、
 センは、学校で、銀のカギを探した。

 しかし、見つからない。
 何もない。

(……『図虚空だけが、ぶっ飛びの超特別』で『他のアイテムは、確定で携帯ドラゴンが必要』……それが絶対的前提条件だとすると……劇的にヤベぇ……完全に詰み……)

 焦燥感と不安が津波のように押し寄せる。
 だが、センは、奥歯をかみしめて、

(……折れるな……考え続けろ……抗い続けろ……)

 必死に自分を奮い立たせていく。

 カズナと二人で、
 学校中を、くまなく、
 探して、探して、探して、

 そして、次の日を迎え、

「……見つからねぇ……」

 それでも、何も進展なし。

 終わった世界で、たった二人、
 存在するかどうかもわからないモノを探し続けるという地獄。

 そんな地獄の中、
 センは、
 とある校舎の屋上で、

「……ん?」

 何か、『黒い結晶』のようなものを見つけた。
 卵サイズで、微妙に発光している謎の結晶。
 光に照らすと、角度によって、
 緑っぽくなったり、赤っぽくなったり、金っぽくなったりする。

「……これは……マジックアイテム……か? ……いや、変な色した普通の石? ……微妙だな……アレキサンドライト……なワケねぇよぁ……」

 そこで、センは、

「……図虚空」

 自分の武器を召喚し、問いかける。

「この黒い結晶……何かわかるか?」

「無知なやつだな、まったく、やれやれ。いいか、セン、それは、黒い結晶だ。サイズは卵型で、重さは200グラムほど。缶コーヒーと同じぐらいだな」

「俺の知らない情報を頼む」

「そんなものは取り扱っていない」

「……くそが……」

 吐き捨ててから、
 センは、
 黒い結晶を、矯(た)めつ眇(すが)めつ見てから、

「……ま、一応」

 そうつぶやきながら、ポケットにしまい、

「……ふぅ……」

 ため息をつきながら、
 その場にドカっと座り込む。
 大の字になって、

「……しんどー、ありゃ盗めねぇわ」

「いつどこで誰の何を盗むつもりだったんだ?」

「気にするな……完全に無意味なテンプレ。頭が疲れている時、まれによく出てくる戯言の中の戯言だ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く