『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

54話 不可避の絶望。

 54話 不可避の絶望。

(俺のせいっちゃ……俺のせいか……)

 センは、自分を責めるタイプではないが、
 こういう問題に直面したさいに、
 『目をそらす』ことも、また出来なかったりする。

(放っておくのは、単純に、気分が悪いしな……出来る限り、やれることをする……とりあえず、蘇生方法を探すのがメインだが……もし、銀のカギを見つけたら……どうする……)

 そこで、センは悩む。
 タイムリープをするべきか否か。

(……不用意なタイムリープで、変に時空が歪んで、また、人類滅亡の世界線に入ったら……そういう可能性だってゼロではないんだ……偶然にも『初回のタイムリープで、運よくシュタ〇ンズゲート世界線に入れた。だから、人類は滅亡しなかった』……その可能性がある以上、安易にタイムリープには頼れない……)

 色々と悩み、考えた結果、

(……とりあえず、今、手元に何もない状態で未来を計算しても、皮算用からは抜けられねぇ……いったん、眠ろう……今日まで、ずっと、人類滅亡のことばかり考えていたから、まともに休息がとれなかった……さすがに……いろいろと、限界……)

 反町が銃殺された、
 という大問題は残っているが、
 『人類滅亡』というルートからはどうにか抜け出すことができた。
 その安堵から、
 センは、泥のように眠った。



 ★



 ――翌朝、

 ドォオオンッ!

 という爆発音で、センは目を覚ました。

「……なんだ、なんだ……」

 あわててベッドから起き上がり、
 窓の外を見てみると、

「……っ……」

 向かいの通りに、首から上がなくなっている死体が、何体か転がっていて、
 あちこちから、モクモクと煙が上がっていた。

「……」

 つい呆然としてしまうセン。
 頭が白くなって、
 同時に、胸の中に、
 憤怒とか、焦燥感とか、絶望感とか、
 色々な負の感情が、グルグルとないまぜになって、
 センの陰影をグツグツと煮込んでいく。


「……くそったれが……」


 歯噛みしながらつぶやくと、
 そこで、センは、
 『一台のバイクが、こちらに向かっていること』に気づいた。

 ヘルメットをしていないので、
 搭乗者が『久剣一那』であるとすぐに理解できた。



 ★



 駆けつけたカズナを、
 とりあえず、自分の部屋に上げたセン。

 お茶も出さずに、開口一番、

「全員、死んだ感じ?」

 出来るだけ冷静に、そう尋ねると、

「……はい、おそらく」

「ちなみに、いつ、剣翼が舞ったか……具体的な時間は分かるか?」

「申し訳ありません。睡眠中にことが起きたようで、くわしいことは、なにも……申し訳ありません」

「謝るなよ。俺も、さっきまで、バキバキ睡眠中だった」

 そこでセンは、力なく、壁にもたれかかり、

「というか、おそらく、俺らが寝ている時を狙ったんだろう」

 体の力は抜けているが、
 頭の方はフルで回転している。
 寝起きとは思えないほどの高速回転。

「まだ何も確定しちゃいないが……しかし、前提を踏まえた上での暫定結論をひねり出すと……おそらく、紅院たちを見張っていても無意味だ。首魁は、確実に『俺が、あいつらを守れないタイミング』を狙っている。根本をつぶさない限り、この地獄はおわらねぇ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く