『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 無鉄砲な行動。

 52話 無鉄砲な行動。


『君が行動を起こさなければ、30分後、最初の犠牲者が出る。


 だいぶイカれた内容の放送だというのに、
 周囲の人間は、その放送に一切反応していない。

 その様子を受けて、センは、

(おそらく……『マジックアイテムを持つ者にだけ聞こえる音を発する変声器』か何か……だろうな……)

 などと推測しつつ、心の中で、

(……『紅院の報告』だけでは信用できないから、今回の件をつかって、俺を炙りだそうって感じかな……俺の正体を知っていれば手紙、知らなければ放送……単純な話……)

 そんなことをつぶやきつつ、
 廊下に出ようとしたところで、
 オバセンが、

「ん? ちょっと、閃くん、どこにいくの?」

「トイレです。腹が痛いので」

「今は、占拠されている途中なんだから、テロリストにお伺いをたてるべきでしょう?」

(蓮手と同じことを……キナくせぇな……)

 と、心の中でつぶやきつつも、
 センは、テロリストにお伺いをたて、教室の外に出た。

 当然、トイレにはいかず、
 紅院たちが連れていかれた校長室へと瞬間移動する。

(……剣翼が展開されたとしても、あいつらの近くにいれば、守ることが可能……携帯ドラゴンさえ生きていれば、アイテム探索ができる……)


 ★


 ――瞬間移動してきたセンを見て、
 紅院と薬宮の二人は目を丸くした。

 彼女たちの視点では、なかなか唐突な出来事だったため、
 脳の処理が成立するまで時間がかかった。

 そのすきをついて、
 センは、

「これが分かるか?」

 と、図虚空を魅せつける。

 その行動に対し、
 薬宮が、

「……閃……あんたがノゾ=キマやったんか」

「その名前は、忘れろ」

 と、前を置いてから、
 紅院に視線を向けて、

「スマホかせ」

「え?」

「命を助けてやった恩を忘れたか? スマホぐらい、ポンと貸しやがれ」

「べ……別に……いいけれど」

 まだ、脳の処理が追い付いていない様子の紅院。
 ただ、自分の命を救ってくれた相手の命令を無碍にすることはできず、
 要求通りに、自分のスマホをセンにさしだした。

 ちょうど、タイミングよく鳴り響くスマホ。

 センは、スマホの画面を、紅院に見せつけて、

「お前の親父からだ。俺は、こいつに用がある。というわけで、出るぞ」

 と、軽く了解を得てから、電話に出る。



「よう、紅院正義」



『……もしかして、ノゾ=キマくんかな?』

「お前の娘のクラスメイト、センエースだ。こんにちは」

『……こんにちは』

「とりあえず、ガキを殺すのはやめさせろ。その一件に関しては、あとで、あらためて話がある。俺は、逃げも隠れもしない」

『了解した。出来れば、今から会いたい。迎えの車をよこすから――』

「今日は無理だ。明日にしてくれ」

『……救世主の頼みは断れないな。君の望む通りにしよう』

「よろしく」

『一ついいかな』

「なんだ?」

『娘を助けてくれて、ありがとう。感謝する』

 そう言って、
 紅院正義は電話を切った。

 センは、用がなくなった電話を紅院美麗に返し、
 ソファーに腰を落とし、時計を確認する。

(……あと10分くらいか……)

 世界が終わるまで、あと10分。
 そうかんがえると、全身にイヤな汗が沸いた。

 センは、相当なサイコさんだが、
 この状況で冷静でいられるほど狂ってはいない。


「どうかしたんか? 顔色が悪いようやけど」


 心配そうな顔をしている薬宮に、

「集中させろ。10分ほど、声をかけるな……」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く