『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 言い続ければ、夢は叶う。


 51話 言い続ければ、夢は叶う。


「――はっ、夢か……」


「それ、目覚めるたびに言うつもりですか?」

 ホテルで目覚めたセンに、
 付き人のカズナが、呆れ口調でそう声をかける。

 センは、ゆっくりと体をおこしながら、

「……『口に出し続ければ、夢は叶う』ってよく言うだろ? あのノリだよ」

「いや、それは、意味が違うかと」

「わかってるよ。ほんのりボケただけだ」

 どうでもいい事を口にしながら、
 センはベッドから起きる。

「一応、聞くけど……今日は20日だよな?」

「はい。運命の日です」

(……結局のところ……人類全滅『後』の準備は、カズナのおかげで、それなりに整ったものの……『人類全滅を阻止するための準備』は何もできなかったな……)

 グっと歯噛みして、

(……できれば、『すでに蓮手は死んでいるので、人類全滅は最初から回避されていましたエンド』で行ってくれ……頼む……)

 願いながら、
 センは、学校にいくための準備をはじめた。


 ★


 ガラガラっと、教室のドアが開いて、

「はいはいはい、みんな、席に着こーね! みんなのオバセンがきたから、席につこーね」

 と、出席簿を片手に元気よく入ってくるオバン先生。

「はい、全員、席についたかなー。じゃあ、まずは、今日の防災訓練について、簡単に説明しておくねー」

 『前回と特に変化のない説明』が続く。
 ただ、前回と違い、センは、
 マニュアルを隅から隅まで読みつくしていく。

(ここに何かヒントが隠されている……という可能性も、ゼロでは……いや、ゼロだろうけど……でも……)

 何もせずにはいられなかった。

 『何かを背負っている人間』には、
 無意味と分かっていても、
 動かざるをえない時がある。


 と、そこで、
 オバセンの携帯のアラームが鳴った。
 オバセンは、サっと時間を確認してから、

「全員、窓から離れて、こちらの壁際にくるように。急いで。ダラダラしないで」

 その指示に従い、
 全員が、入り口側の壁付近に寄る。

 その数秒後、
 ガシャーンっと、ガラスの割れる音がクラス内に響き渡った。

(……『前回との違い』はないな……たぶん、同じ三人だ……絶対とは言えないが……)

 『興味がない相手の事』まで詳細に覚えておける能力は有していない。
 そのため、いま飛び込んできた中東ゲリラ風の三人が、
 全員、前回と確実に同じだとは言い切れない。



「紅院美麗、薬宮トコ、黒木愛美、茶柱罪華……以上の四名は、私と一緒にきてもらう」

「ふざけるにゃぁ! ツミカさんはテロには屈しないにゃぁ!」



 例のクソ鬱陶しい寸劇が終わり、
 窓ガラスの掃除タイムになったところで、

 放送用のスピーカーから、
 ブブブ……
 と、妙な音がして、
 その後、


『……仮面のヒーロー【ノゾ=キマ】に告ぐ。今回、時空ヶ丘学園に忍び込んだテロリストの数は総勢200名。彼らの装備品は大半がモデルガンだが、数名、本物の銃を所持している。制限時間内にテロリストを殲滅できなければ、なんの罪もない時空ヶ丘学園の生徒が最大で10名死ぬ。これは脅しでもハッタリでもない。君が行動を起こさなければ、30分後、最初の犠牲者が出る。もう一度言う。これは脅しではない』


 だいぶイカれた内容の放送だというのに、
 周囲の人間は、その放送に一切反応していない。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く