『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 大丈夫だ、問題ない。

 50話 大丈夫だ、問題ない。

 ――瞬間移動を使い、
 『学校で待機している黒木』の元に戻ってきたセンは、
 開口一番、頭を抱えながら、

「ものごっつ、ウザいぃい!」

 と、フラストレーションを爆発させる。

 そんなセンに、
 黒木は、

「……ずいぶんとボロボロのようですが……大丈夫ですか?」

(……はっ……この程度、前に比べりゃ、全然マシだから、まったく問題ねぇよ……)

 心の中で吐き捨ててから、
 深呼吸で魂を落ち着かせ、

「俺の状態なんざ、どうでもいい。気に留(と)めるな」

 そう言い切ってから、

「それよりも、ここから先は、アイテム回収の時間だ。気合を入れて――」

 と、宣言しようとしたところで、

「……うっ……」

 センはヒザから崩れ落ちる。

「えっ、ど、どうしました?!」

(……こ、これは……魔力系のマヒだな……今回、『前回は回避したワナ』に何度かあたった……おそらく、その中に、遅効性の神経毒が混じっていた……)

 自分自身に起きた事を冷静に分析しつつ、

(ウムルとの闘いで、限界近くまで体力を消耗している……図虚空の精神負荷を倍プッシュでかければ、どうにか、ギリギリ活動することも可能だろうが……明日は、鬼門の『避難訓練』の日……今日の探索で体力を使い切るのは愚策に思える……が……)

 そこで、センは、
 魂魄に気合をぶちこんで、

「問題ない、ただの寝不足だ……さあ……アイテムを探しに行くぞ……」

 アイテム探索を続けようとする。
 根性がありすぎる人間によくある、
 『境界線を見失う』という現象。

 だからこそ見えてくる世界もあるが、
 だからこそ失ってしまう何かもなくはない。

(……前回は、どうにか、蓮手を殺せたが……おそろしくギリギリだった……俺が負けたら、世界がマジで終わる……『絶対に勝てる』と言えるだけの下地が欲しい……)

 だから、センは、貪欲に『強化アイテム』を求める。
 それに、

(最悪、明日、また、人類が全滅した時のために……あのカギと同じ効果を持つアイテムを見つけておきたい……K5が全滅した後だと、携帯ドラゴンがないからアイテム探索ができねぇ……)

 様々な事情が重なっているため、
 センも、引くわけにはいかなかった。

 ――しかし、

「くぁ……」

 視界がグルグルとまわり、
 脳が溶けていくような感覚に襲われる。

(どんだけ強力なマヒ……まさか、マヒだけじゃないのか……)

 正解だった。
 今回の『終焉の神呪』に込められていたのは、
 『紅院に対するいやがらせ』ではなく、
 『センに対するいやがらせ』だった。

(マヒ、眠り、筋弛緩……片頭痛に眩暈(めまい)に自律神経失調も……こ、これは……俺に対する、明確で粘質な『いやがらせ』とみて間違いねぇ……『いやがらせ』をされたという事実がある以上……『首魁(しゅかい)』は……普通に、まだいる……蓮手か、アゲモか、それとも、それ以外か……誰かは分からんが、確実に……誰か……つまり……寝てるわけには……いか――)

 必死に耐えようとしたが、


「……くそっ――」


 結局のところ、
 センは気を失ってしまった。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く