話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

49話 人をイライラさせるのがうまいやつら。

 49話 人をイライラさせるのがうまいやつら。

「――単純な話だよ、紅院美麗」

 そう言いながら、ツァールは、
 右手をビキビキと変形させていく。

「貴様は、『人の社会』においてはカースト最高位の支配者……だが、私の視点では、土の中で卵を産み続ける『女王アリ』と大差ない。こちらの視点では、『他のアリよりは多少大きい』というだけ。つまりは踏みつぶせば殺せる程度の虫ケラに過ぎない」

 そう言いながら、
 そのヤバそうな右手を、紅院の胸部にブチ刺そうとした、
 そのタイミングで、


 ギチリ……ッ……


 と、次元の裂ける音が響いた。
 音の発生源は、ツァールの足元。

「ばっ、バカな……干渉された……ありえな――」

 最後まで口にすることはできなかった。
 セリフが完結する一瞬前に、
 次元の傷口から、
 仮面をかぶった『まあまあボロボロの閃光』が飛び出して、



「――深淵閃風(しんえんせんぷう)――」



 登場すると同時、
 閃光は、
 美しい水面蹴りで、
 ツァールの足元をさらって、
 そのまま、

「魂魄一閃」

 サクっと、ツァールを瞬殺。

 結果、前回と同じように、


「死――神格の私が――脆弱な人間の一撃で――死っ――そんなバカな――」


 不可思議を糧にした無様をさらし、
 最終的には、



『――『終焉の呪縛』発動――』



 特殊な呪いを発動させる。

 その呪いを、

「解呪一閃」

 切り裂いていく閃光。

 ――ただ、

(……完全な切断は無理か……っ)

 呪縛の一部が残ってしまう。

 けれど、

(まあ、別に問題はねぇ……むしろ、そのまま膨らませて、ひきずりだしてやる)


 センは、呪いを膨張させて、
 タイムラグを殺し、
 奥にいる『イグ』を引きずり出す。


「――えっ……なっ……えぇ?!」


 わけが分からず困惑しているイグに、
 センは、

「――純正一閃――」

 サクっと必殺技をかましていく。



「――っっっ!!! ……あっ……あぉあ……」



 魂魄を一刀両断されたイグは、
 バタリと膝から崩れ落ち、

「……い、一撃だと……バカな……私は……『S級のGOO』だぞ……私を……一撃……そんな……そんな、アホな……」

「うっせぇ、ぼけぇ」

 ダルそうにそう言いながら、
 センはイグの頭を掴んで、

「俺の手で開けたのに、わざわざ、紅院を引きずり込みやがって……まったく、人をイライラさせるのがうまいやつらだ……」

 恨み言を吐きながら、
 ガツンと地面にたたきつける。

 グシャリとつぶれて、
 あっさりと完全に死に絶えたイグ。

 それと同時、
 空間が消滅し、
 センと紅院は、現実世界へと戻った。

 場所は、紅院家の庭。

 センは、完全に脅威が去ったのを確認すると、
 紅院に向かって、

「お前を助けたんじゃなく、ツァールを殺しただけだから! 俺をイラつかせたあのバカに制裁を加えただけだから! 勘違いしないように! いや、ほんと、マジで! ツンデレの方じゃないから! 『勘違いしないでよねっ』じゃない『ガチのヤツ』だから! 頼むから勘違いしないで! この通り!」

 と、深く頭を下げてから、
 センは、

「じゃあ、ほんとうに、頼んだぞ」

 最後にそう言い残し、
 瞬間移動で、その場をあとにした。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 紅月

    こちらこそこんな素晴らしい作品を毎日書き続けて頂きありがとうです!
    イラスト上手くて(*・ω・)ウラヤマシィ

    1
  • 祝百万部

    ありがとう!!
    かなり苦労したイラストなので、褒めてもらえて、すごくうれしい(*´▽`*)
    いつも、この作品を読んでくれて、本当にありがとう!!

    1
  • 紅月

    絵見ました!上手いですね!二ーが物騒な武器持って悪い顔していて…あの可愛かった二ーがwなにかあったんですかねw

    1
コメントを書く