話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

48話 いろいろ、うまくいかない。

 48話 いろいろ、うまくいかない。

 その日の日中、センたちは、それぞれ、
 建設的な行動をとっていた。

 カズナは、ヒント探しではなく、
 『ことが起きてしまった後』のために行動している。

 『食料集め』であったり、
 『人類絶滅時におけるマニュアルの作成』であったり、様々。

 『正義(まさよし)』に相談しようかとも思ったが、
 信じてもらえるか微妙だし、
 信じてもらえたら、もらえたで、
 どでかい混乱が起こるのは目に見えている。

 ――『色々』と想定した上で、
 とりあえず、『自分達だけで動こう』という結論にいたった。

 カズナが裏で動いている間、
 センは、学園中を探し回って、
 『銀のカギ』か『それに準ずるアイテム』を散策した。

 授業を全てサボり、必死になって、学校中をかけずりまわった結果は、


「なんの成果も!! えられませんでしたぁあ!!」


 テンプレを口にしてはいるものの、
 センは、本気で歯噛みしており、
 『収穫無し』という現実に対する焦燥感と不安から、
 ゲッソリとした表情になっていた。

 センエースは、『我慢できる』というだけで、
 絶望に対して『何も感じない』というわけではない。

 『受けた絶望』は、ちゃんと、
 センの全身をズタズタにしている。


 ★


 その日の夜、
 センは、黒木と共に、
 『例の宝箱』を目指して校内を歩いていた。

「……あ、本当にありましたね」

 前と同じ場所をサーチしてみると、
 当然のように、前と同じ形状の宝箱がポツンと置かれていた。

「危ない……かもしれないから、離れていてくれ」

 と注意喚起をほどこしてから、
 黒木が十分に距離をとったのを確認して、
 センは、宝箱を開けた。

 前と同じく、宝箱の中身はカラ。
 そして、宝箱の底に、ジオメトリが刻まれていた。
 センが、『宝箱の中身はカラである』と認識した直後、
 そのジオメトリは、カッっと、強い光を放った。

 『予定通り』だったのはそこまで。

 『二匹ともサクっと殺してやろう』と、
 意気込んでいるセンだったが、
 一向に、転移のワナが発動しない。
 そうこうしている間に、ジオメトリの光は落ち着いてしまった。


「……えぇ……不発?」


 『失敗したのか』と思ったが、
 しかし、その直後、

「おい、黒木。ちょっと、紅院に電話してみてくれ」

 言われて、即座に電話をかける黒木。
 電話に出たのは、

『マナミ! なんか、ミレーが、急に消えた! あんた、理由しっとるか?!』

 隣にいるセンにも聞こえるボリュームでトコの声が響いた。
 と同時、
 センは、

「めんどくせぇええええええええええええええ!」

 そう叫びながら、走り出した。


 ★


 ――突如、わけもわからず、異空間に飛ばされたミレー。
 当然、『前回』よりも強く戸惑ったものの、


「東西南北……どれかを選んで、ゴールを目指せ……みたいな感じ?」


 どうにか、理性を保ち、
 脱出するための方法を探していく。

 その途中で、
 『ツァール』に出会い、
 『無限ループを経験』したのちに、



「――単純な話だよ、紅院美麗」



 そう言いながら、ツァールは、
 右手をビキビキと変形させていく。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く