『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

46話 泊まるんじゃねぇぞ……

 46話 泊まるんじゃねぇぞ……

「いくぞ、ウムル=ラト。殺してやる」

 そう宣言し、センは飛び出した。

 軽やかに、火花が舞い散る。

 ――『ウムルはハスターよりも弱い』
 それは事実だが、しかし、
 圧倒的に弱いというわけではない。

 当たり前の話だが、
 『鼻息交じりに楽勝』とはいかなかった。

 というか、普通にだいぶ接戦だった。

「くっそ強ぇなぁ、くそったれぇ!」

「それはこちらのセリフだ! どういうことだ、貴様! 強すぎるぞ! 本当に人間か?!」

 センエースと、ウムル=ラト。
 両者は、互いに、命を削り合う。

 感覚を研ぎ澄ます。
 六感がビンビンに稼働する。


 その死闘は、まるで、極彩色のグラデーション。
 息を呑むほど美しく、
 息がつまるほど泥臭く、

 両者は、両者の命を奪い合う。

 結果、





「――龍閃崩拳っっ!!!」





 今の自分に可能な『最強』でもって、
 センは、ウムルの腹部にドでかい風穴をあけてみせた。

 もちろん、肉体に損傷を負わせただけではない。
 ウムルの中心に、会心の一撃!


「この上なく……重たい……一撃だった……」


 死に際に、
 ウムルは、自分の想いを吐露してから、
 安らかな顔で、この世を去った。


 静かな夜に一人、
 センは、

「……はぁ」

 深く息をつき、天をあおぐ。

 何度か深呼吸をしてから、
 自分の両手を見つめて、

「成長を感じるねぇ……」

 失わなかった腕と意識。
 その現実が、センに『成長の実感』という愉悦をあたえた。
 一度味わってしまうと、なかなか忘れられない、甘美な味。

「……俺は強くなっている……」

 つぶやいて、
 脳に刻み込む。
 『前に進んでいる』と強く理解させる。

「だが、まだだ……まだいける……」

 そう言いながら、センはゆっくりと歩きだし、


「……止まるんじゃねぇぞ」


 テンプレを口にしたところで、

「……ぁ……」

 限界がきて、意識が途切れた。





 ★


 翌日の朝、
 センが、

「はっ……夢か……」

 いつも通りの言葉を口にしつつ、
 目を覚ますと、

「どんな夢を見ていたかは知りませんが、あなたが世界の救世主であるという点に関しては、夢ではなく絶対的事実ですよ」

 隣に、カズナが立っていた。
 場所は、ホテルの一室。

 300人委員会の面々が瞬殺されたホテルのロイヤルスイートだった。

「気絶しちゃったかぁ……耐えたと思ったけどなぁ」

 などと、反省しながら、
 センはベッドから起き上がる。

 両腕を確認しつつ、

(……まあ、腕は飛ばされなかったから、間違いなく成長はしているが……できたら、あのまま、続けて、探索したかったなぁ……そこまでいって、はじめて、『大きく成長した』と胸を張って言えた。今のままだと、『普通に成長した』って程度だな)

 自分に対して、とことん厳しくしていくスタイル。
 『明確な目標』がある時のセンは、暴走機関車。

 『限界を超えた努力』で『永遠に満足し得ない理想』を追い求める。

「今、何日の何時?」

 問いかけると、
 カズナは、一流の付き人らしく、

「19日の7時27分です、陛下」

 恭しく、そう答えた。

「普通に翌日の朝か……よかった。実は2日ほど気絶していました、とかだったらシャレになっていなかった」

 そうつぶやいてから、

「カズナ、一つ、頼みがある」


「なんなりと」

「黒木と交渉がしたい。段取りをつけてくれ。できるだけはやく。なんだったら、1時間後とかがいい」

「おおせのままに」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く