『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

43話 みんなの心の中にある魔導書。

 43話 みんなの心の中にある魔導書。

(……願いを叶えてくれる……っていうのがガチだとしたら、俺の電話番号だけを入手するってのは、だいぶおかしな話……)

 心の中で、そうつぶやいてから、

「ちなみに、その『願いを叶えてくれる神話生物』の名前は?」

「ニャルラトホテプ」

「……知っている名前だな。確か、アウターゴッドの一柱」

「召喚された瞬間、世界が終わる系のアウターゴッドではなく、だいぶ理性的かつ、人間に対して友好的なアウターゴッドにゃ。まあ、友好的というか、『オモチャ』や『ペット』のようにおもっているって感じだけどにゃぁ」

(ニャル様か……人を翻弄するのが大好きなニャル様なら、『ノゾ=キマの正体を教えて』という願いに対し『この電話番号にかければ会えるよ。ただし、対価は寿命の半分ね。信じるか信じないかはあなた次第』くらいのことは言いそうだ……)

 『ゆえに真実かもしれない』と思った反面、
 センは、

(ただ『一見、合理にかなっているっぽい』からこそ、逆に『嘘くせぇ』って捉え方もできなくはねぇ)

 と、心の中で、ごちゃごちゃ、めんどくさい思案をしてから、

「――それは、エイボンの書を使って、召喚したのか?」

「……その前に質問。ツミカさんがエイボンの書を持っていると、なぜ知っているのかにゃ? 『未来からきた』というだけだと理由にはなっていないにゃ」

「お前自身の口から聞いた。経緯は単純。お前が召喚した『ウムル』って神話生物に殺されかけたから。その時の流れで、お前が自分で吐いた。流れの『詳しい説明』はさせるなよ。俺にストーリーテラーの才能はない」

「……ほむほむ……」

「で? 俺の質問に対する返答は?」

「もちろん、エイボンの書を使ったにゃ。それ以外の手段は持っていないからにゃぁ。あと、もう知っているなら、バラしちゃうけど、今夜、ウムルが召喚されちゃうから、対処よろしくにゃ」

「は? キャンセルできねぇのか?」

「もう、確定させちゃったにゃ」

「……うぜぇなぁ……」

 ため息をつきつつ、
 センは、

(こいつにエイボンの書をもたせておいても、ロクなことがねぇ……)

 と判断し、

「ちなみに、エイボンの書は、どこに置いてある?」

 探りを入れてみるが、
 それを察知したのか、
 茶柱は、ニィっと妖艶に微笑んで、

「エイボンの書は、みんなの心の中にあるにゃ」

 などと、
 なんの中身もない言葉を口にした。

(……ダメだな……おそらく、こいつは、絶対に口を割らない……あるいは、『魔導書関連の問題』だから『言わないのではなく言えない』系って可能性もなくはない……)

 彼女の表情から、ソレを確信したセンは、ため息をついて、

「……OK。把握した」

 とつぶやいてから、
 コーヒーをすすり、

「最後に一つ質問だ。コレにだけはガチでこたえろ」

「質問の内容しだいだにゃぁ」

「薬宮トコに、呪いをかけたか?」

「……?」

「あいつに、アウターゴッド召喚の呪いを……かけていないのか?」

「意味がわからないにゃ。なんで、ツミカさんが、トコてぃんに、呪いをかけなきゃいけないのにゃ?」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く