話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

42話 シェ〇ロン的な神話生物。

 42話 シェ〇ロン的な神話生物。

「……まさか、『ワンパ〇マンの正体』がクラスメイトだったとは……マジで驚きにゃ」

「俺も、クラスメイトに『ボマーが混じっていた』と認知した時は驚かされたよ」

 などと、いったん、言葉のジャブをかわしあってから、
 茶柱は、

「それで? あんたは、何者なのかにゃ?」

「……」

 そこで、センは間をおいてから、

「ウソ無しでいくから、無駄に疑うな」

 そう前をはさんだ上で、
 スゥと息を吸って、

「俺は、2日後の『5月20日』からタイムリープしてきた。前回のルートで、たまたま強大なマジックアイテムを手に入れた俺は、上位のGOOを狩ることも可能。正直、俺一人だけでも、神話生物の対応は可能。しかし、俺一人に丸投げされるのはウザってぇ。だから、昨日はお前らを助けた。お前らだけでも、C級までならどうにかできる。ゴミ処理要員として今後も頑張れ。以上。質問は?」

「タイムリープねぇ……ほむほむ……」

 と、反芻しつつ、茶柱は、

「……わざわざ仮面をかぶってまで、正体を隠した理由は?」

「お前は、俺にリーダー役を押し付けたりしないだろうが、薬宮トコや紅院美麗は違う。切羽詰まっているあいつらは、俺の正体を知れば、俺に依存してくるだろう。気持ちは分かるが、ウザすぎる。だから、正体を隠した」

「……ツミカさんほどじゃないけど、あの二人だって、そこそこの美少女だにゃ。あの二人に依存されるなんて、男からしたら夢みたいな話……なのに、そこまで本気で拒絶するってことは……もしかして、ゲイなのかにゃ?」

「男と性行為をしたいと思ったことはねぇよ。俺の染色体に不具合はない……たぶんな」

 やんわりとした完全否定をはさみつつ、

「質問は以上か? だったら、帰りたいんだが?」

「最後の質問。どうして、本当のことを教えようと思ったのかにゃ?」

「……逆に聞くが、どうして、俺の言葉が本当だと思った? かなり、荒唐無稽な内容だったと思うが」

「なんとなく」

「……常時、一貫して、話にならない女だな、お前は……」

 ため息をついてから、

「まあいいや。信じてくれたのなら、話は早い。ここからが本番だ」

 そこで、センは、茶柱の目を睨み、

「お前の質問に、俺は正面から答えた。今度はお前の番だ。どうやって、俺の番号を入手した?」

「んー……」

 茶柱は、数秒悩んでから、

「……ま、いっか」

 とつぶやいてから、

「願いを叶えてくれる神話生物を召喚して、教えてもらったにゃ。対価は寿命の半分」

「……願いを叶えてくれる……か。便利だな。しかし、対価が重すぎる。電話番号一つに、寿命半分って」

「そこは、気持ちの持ちようだと思うけどにゃぁ。切羽詰まり散らかしている今のトコてぃんなら、ノゾ=キマの情報には、『寿命の八割』でも、喜んで払いそうな気がするにゃ」

「……ふむ。まあ、その点に関しては完全否定できないが……ちなみに、その『願いを叶えてくれる神話生物を云々』という話はマジか?」

「信じるか信じないかは、あなたしだいにゃ」

(……願いを叶えてくれる……っていうのがガチだとしたら、俺の電話番号だけを入手するってのは、だいぶおかしな話……もし、真実だったとしても、おそらくは、『猿の手』的な、『ハンパにしか願いを叶えてくれない』系のアレだろう……)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く