『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 ノゾ=キマです♪

 39話 ノゾ=キマです♪

「もしかして、あれか? 『有名人を知らない俺かっこいい』みたいなノリのクソマウントか? だとしたら滑稽だと言わざるをえない!」

「いや、そういうのではなく、普通に知らないのだが――」

「仮に、お前が本当に俺を知らなかったとして……だからなんだ? お前が『アホほど無知であること』を提示されて、こっちは何を言えばいい? 『バカなんですねぇ、きゃー、すてき、抱いて!』って言えばいいのか? あん?!」

「……」

「俺ほど有名なGOOすら知らないバカ野郎よ。てめぇの存在は、あまりにも不快。俺は、俺を不快にさせるやつに対して、この上ない殺意を抱くタイプの、非常に厄介かつ面倒なタイプのGOO。というわけで……」

 そこで、仮面男は、まがまがしいナイフを横に薙いで、

「死んでろ、カス」

「ぴぎっ……」

 首に亀裂が入ったことで、
 ようやく『断首された』ということに気づいたロイガー。

 気づいた時には、完全に手遅れ。

 ポトリと地面に落ちた首に対し、
 仮面男は、瞬間移動で、詰め寄ってから、
 グシャァッッ!!
 と、踏みつぶし、

「げははははは! この『無為(むい)な殺戮(さつりく)』だけが、俺に生の喜びをあたえてくれる! 俺のおぞましさは世界一ィイイイ! ぷぎゃぁーはっはぁ!」

 と、全力で叫び散らかしていく。

 とにもかくにも全力で、
 『一般女性の視点における生理的に無理系キャラ』を徹底する仮面男。

 あまりにも不可解が過ぎる現状に、全力で戸惑っている美少女たちに、
 仮面男――ノゾ=キマは、一息つかせることもなく、たたみかけるように、

「自己顕示欲の塊である俺は、お前らに、俺の入念な名乗りをどうしても聞かせたい! というわけで、耳をかっぽじれ!」

 ロイガーの死体を踏みつけながら、
 傲岸に、不遜に、狂気的に、



「いつもニコニコ! あなたの隣で舞い散る変態! ノゾ=キマ、ですっ♪」



 と、まずは、キャッチコピーと名前を告げてから、

「S級GOOの中でも最強格と噂のスーパー神話生物でありながら、性犯罪に対して、病的な興奮と、無上の喜びを覚える系の、エキセントリックなド級のキ〇ガイ!」

 スペック詳細を並べて、

「とてもじゃないが、王とかリーダーとか、そういう仕事が務まるような存在ではない、正真正銘のド畜生クズ野郎! それがこの俺様! ご理解OK? アンダスタン?」

 まるで念を押すように、
 己の異常性を推してくるノゾ=キマに、
 美少女たちは、何を言えばいいのかわからないでいる。

 そんな困惑の様子に満足したのか、
 ノゾ=キマは、

「それでは、ごきげんよう。アデュー」

 心がザワっとするような空気感を世界に刻みつけてから、
 瞬間移動でその場をあとにした。


 ★


 ――噂の神話生物『ノゾ=キマ』が瞬間移動した先は、
 とある校舎の屋上。

 瞬間移動の直後、ノゾ=キマは、仮面を脱いで、

「ふぅ」

 と、達成感がにじむタメ息を吐きながら天をあおぐ。

 そんなノゾ=キマに、
 久剣一那は、渋い顔で、

「……なぜ、あそこまで……」

 と、不快感を口にする。

 彼女が抱いている不快感は、
 『ノゾ=キマの言葉そのもの』に対しての生理的嫌悪ではなく、
 『自分の王が誤解されること』に対してのストレートな憤慨。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く