『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 巷(ちまた)をにぎわしているS級GOO。

 38話 巷(ちまた)をにぎわしているS級GOO。

「あらためていうが……俺を殺そうとしたんだから、殺されても文句は言うなよ」

 センは、フラットな表情で、

「俺はどこかのサ〇ヤ人みたいに、『自分より弱い相手は、極悪な存在でも殺さない』なんていう、あぶない思想は持ち合わせていない。極悪なゴミや、公害なカスは、普通に殺す。俺は善人でも聖人でもない。ただの平均的常識人だ」

 などと供述していると、
 そこで、


『――ナビゲーション・グールの撃破を確認。転移のワナを発動します』


 奇妙な声が、
 センの頭の中で響く。

 同時に発動する無慈悲なワナ。

 キュインキュインと耳を刺すような音が鳴り響き、地面に奇怪なジオメトリが広がった。

 そのジオメトリに対し、
 センは、

「魔陣一閃」

 見事な横一文字を放った。
 結果、ジオメトリは、
 バリィンッッ!
 と、豪快な音をたてて炸裂する。

「今の俺に、カスみたいなワナが通じると思うなよ。『伊達に地獄は見てねぇぜ』と言いたい」

 と吐き捨ててから、

「さて……それじゃあ、ロイガーが暴れるまで待機するか……」





 ★





「――イヤなもんをイヤやっていうてるだけじゃ、くそったれ! あいつらを殺されるんはイヤなんじゃ、カス、ごらぁ! おどれごときチ〇カスの成りそこないは、宇宙一の美少女であるあたしのお願いを、黙って聞いとけばええんじゃ、あほんだらぁ! どうじゃい! 実にワガママお嬢様らしいやろう! 悪役令嬢感がエゲつないやろがい! これで、満足か! ブタ野郎!」

「非常に不愉快」

 ロイガーはそう言うと、
 トコから視線をそらしつつ、
 トコに対し、

「今から、貴様以外を全員殺す。徹底的に痛めつけて、ふみにじる。そのあとで、貴様を殺す」

 そう宣言すると、

 ――一般人『南雲ナオ』を指さし、

「まずは、あそこにいる『カス』から殺す」

 その悪逆非道な殺戮宣言に対し、
 トコは顔を真っ青にした。

 どうにかして止めようと頭を回すが、
 しかし、トコの実力ではどうしようもない。

 深い絶望に包まれた、
 その時だった。



「――なかなか、クールな悪役ぶりだな。しかし、コクとホップが足りない」



 どこからともかく、
 『その男』は現れた。

 仮面をかぶった中肉中背の黒髪。
 どうやら、ボイスチェンジャーを使っているらしく、
 奇妙なガサガサ声をしており、元の声は一切不明。

 『際立った特徴』がないので、
 『誰であるか』を特定するのは難しい。
 というか、不可能。

 ――その仮面男は、
 ロイガーに対し、ビシっと指をさし、

「俺が誰だか知りたくてたまらない……そんな顔をしているな、ロイガー」

「いや、別に――」

「そこまで言うなら教えてやろう!」

 仮面男は、ロイガーの言葉をさえぎって、

「俺の名は、『ノゾ=キマ』! あのハスターと互角の実力を持つS級GOOである!」

「……ノゾ=キマ? ……聞いたことがないが?」

「今、巷をにぎわしている『この俺』を知らない? はっ、もしかして、あれか? 『有名人を知らない俺かっこいい』みたいなノリのクソマウントか? だとしたら滑稽だと言わざるをえない!」

「いや、そういうのではなく、普通に知らないのだが――」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く