話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 きわめて一般的な童貞。

 36話 きわめて一般的な童貞。

「この命、この心、この体、すべてを、陛下にささげます。あなただけが私の王。あなただけが、私の希望。あなただけが私の全て」

 心からの言葉を受けて、
 センは、天を仰ぎ、
 苦虫をかみつぶしたような顔で、

「……しんどい、しんどい……」

 と、そうつぶやいた。

 しかし、そんなことはお構いなしに、
 カズナは、

「それで、陛下。まずは何からはじめますか? それがどのような無理難題であれ、陛下の命令とあらば、死んでも果たしてごらんにいれますので、なんなりとご命令を」

 バキバキの目で、センに覚悟を押し付けてくる。
 その様を受けて、
 センは、心底しんどそうな顔で、

(最初から思っていたけど……こいつ、雰囲気が怖いんだよなぁ……)

 『強大なGOO』が相手でも、臆することなく立ち向かえるセンだが、
 しかし、カズナの圧力の前では、普通に尻込みしてしまった。

 これから先の、彼女との共闘が思いやられ、
 センは、『はぁ』と、深いタメ息をついた。


 ★


 その日の夜、
 センは、時空ヶ丘学園で独り、
 ナビゲーション・グールが沸くのを待っていた。

 スマホで時計を確認して、

(正確な時間は覚えていないが……たぶん、そろそろ……)

 心の中でつぶやきつつ、
 センは、
 カズナに頼んで用意してもらった『仮面』を装着する。

「ふふ……『黒髪・中肉中背でモブ雰囲気』の俺にマスクまで使われたら、もはや、常人に識別は不可能」

 などと言いながら、軽くストレッチをはじめる。
 ちなみに、この仮面には変声機も組み込まれている。
 『コ〇ンの蝶ネクタイ』みたいに『声を自由に操れる優れモノ』ではなく、
 『声をほんのりガサガサにする』だけの簡易なもの。



 ――色々と考えた結果、
 センは、『ここからは流れを変えていこう』と判断した。

 簡単に言えば、
 『大まかな流れ』には逆らわないまま、
 『センエースにとって理想の形』を求めようとしている。

 『センエースにとって理想の形』とは何か。
 単純である。

 『誰にも気づかれることなく、ヒーローを完結させること』

「あいつらにバレたら、めんどうなことになる、というのが前回の流れで骨身にしみた……『ちょっと褒められる』くらいなら、俺も悪い気はしないが、あいつらは過剰が過ぎる」

 『がんばったな、おつかれ』や『セクシーサンキュー』程度の賞賛なら問題ないのだが、
 『過剰な絶賛』は胃もたれするので勘弁願いたい、
 ――というのが、センの基本的な精神スタイル。

「……もうこりごりだ、ガチで関わりたくない」

 神話生物関連で彼女たちとかかわってしまうと、
 『異常に歪んだ好意』を向けられてしまうということを痛感したセンは、

 というわけで、とりま、『ここでの関係性』は鬼スルーして、
 『面倒事が終わったあと』で、
 『なにかしら』の流れを経て、
 『適度』な『関係性』が築けたらなぁ、
 みたいなロマンチック乙女ゲージ全開な事を考えている。

 ようするには『理想の出会い』と『理想の恋愛』を妄想している、きわめて一般的な童貞である。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く