『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

34話 バタフライエフェクト。

 34話 バタフライエフェクト。

(上流階級に属する者は、話をするとき、ここを利用しないといけない決まりでもあるのか?)

 などと、心の中で、つぶやきつつ、
 センは店の中に入る。

 店内にいるのは、一人だけだった。
 奥の席に一人で席についている。

 彼女は、センを見つけると、
 スっと上品に立ち上がって、50度の角度でお辞儀をした。

 トイメンの席について五秒後、
 雰囲気のあるダンディな60代後半のおっさん(店長)が、
 店の奥から、ほとんど音もなく現れた。

 センの目の前にコーヒーをさし出すと、
 そのまま奥へと消えていく。

 その背中を見送りながら、
 センは、

「いい店だよな、ここ。色々と高品質で。……俺にコーヒーの味は分からないが、どうせ、これも、だいぶ高い豆的なアレなんだろ?」

「世界一高いコーヒー、ブラックアイボリーといいます。値段にすると……一杯で5000円と言ったところでしょうか」

「……ふざけてんな」

 そう言いながら、センはコーヒーを口に運ぶ。
 思ったことは一つだけ。

「うん。わからん」

 『味の違いが分かる』も立派な技能の一つなので、
 『基本無能』のセンにわかるはずがない。

「ちなみに、高いコーヒーは、猫の糞だって聞いたことがあるんだが……これが、そう?」

「いえ、ブラックアイボリーは象の糞です」

「……へぇ……ゾウですか……心象的な視点で言うと、ネコの方が、まだマシだったかなぁ……」

 などと、どうでもいい事を口にしてから、

「まあ、そんなことはさておき……とりあえず、今日一日を過ごしてみての感想を、お互いに報告しあうとしよう。まずは、こちらから」

 センは、蓮手とアゲモが別の人間に入れ替わっていることを踏まえて、今日一日が、前回と、さほど違いがないという事を伝えた。

「元凶ともいうべきクソ野郎と、謎のポエマーが、それぞれ、別人に入れ替わっている……なるほど。間違いなく大きな変化ですね」

 と、センの言葉を反芻してから、

「こちらに変化はありませんでした。『不完全な間違い探し』と言ってもいいほど、変化を見つけるのに苦労しました。バタフライエフェクトが起きた様子もありません。不自然なほどに、前回と同じ一日でした」

「それは、俺も思ったよ。時間跳躍の影響が、あまりにもなさすぎる。明らかに不自然。カオスが整いすぎている。おそらく、超次元的な保存法則が働いているんだろう。そうじゃないと、この収束力に説明がつかない。……『蓮手とアゲモの二人の人間が入れ替わっている』というのも、バタフライエフェクトではなく、変数的な扱いだろうと俺は睨んでいる」

「それは……どういう意味でしょうか?」

「この世界は、『俺たちが時間跳躍すること』と『あの二人が入れ替わる事』が前提で創られたものである……というのが、俺の結論だ」

「……」

(蓮手は、『久剣が生きていること』に対し、『驚いている風』を見せていたが……おそらく、『俺が久剣を守ること』も、前提のうちに入っている……もしかしたら、蓮手自身の計画に、久剣の存在はなかったかもしれない……が、『もっと大きな視点でモノを見ている観測者』のプランには、久剣の存在も不可欠だったんだろう……)

 心の中で、そうつぶやいてから、

「まあ、世界に対する考察なんて無意味なんだがな。『観測者』の視点だと、あるいは、それも、大事なことかもしれないが、『当事者である俺達』にとって『大事なこと』は、ゴールにたどり着くこと。それだけだ」

「私たちにとってのゴールとは、なんなのでしょうか?」

「世界の終わりを阻止すること」

「元凶がいなくなったのであれば、もう、同じことは起こらないのでは?」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く