『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 繊細な間違い探し。

 33話 繊細な間違い探し。

「それでは、さっそく、発表するから、ちゃんと聞いてメモをとってね。まず、紅院さん達の班から」

 小場はそう言ってから、
 メモを片手に、名前を挙げていく。

 当たり前のように、
 今回も、センが、彼女たちのメンバーに選ばれた。

 一限目の倫理が、主体性遠足の話し合いに使われるのも全く同じ。
 ジャンケンで、トコが代表に選ばれるのも同じ。

(基本的な流れは同じ……ジャンケンという、運要素も、ほぼ同じ……流石に、誰がどの手を出したかまでは覚えていないが……『代表が誰になるか』という『結果』は完全に同じだ……まあ、ここに関しては、俺の出す手の如何(いかん)によって、結果が変わった可能性がなくもないが……)

 ――ここで、センは、
 自分がどうするべきかを考えた。

(さ、どうする? 前回、俺は、ここで、こいつらの『公正っぷり』を賞賛した。その結果として、多少は、打ち解けることができた……同じことをすべきか、それとも、違う手を打つべきか……)

 数秒悩んでから、

(……現状は、『間違い探し』をしているのだから、なるべく同じ手を打つべきか……)

 結論を出すと、
 センは、なるべく前回と同じになるよう、
 丁寧に言葉を選んでいく。

 結果的に、センは、彼女から、

「ジブン、なかなかおもろいやないか」

 と、お褒めの言葉をいただくことに成功した。


 ★


 ――その日の放課後、
 帰り支度を済ませたセンが、
 校舎の外に、一歩、足を踏み出したところで、


「閃一番(せんいちばん)だな」


 と、『上級生らしき男子生徒』に、
 そう声を掛けられ、
 センは、

「違います」

 と、
 とりあえず、前回を踏襲していく。

 なんだかんだあって、
 結局、ついていくことになったセンは、
 上級生の背中を横目に、心の中で、

(蓮手とアゲモが、他の人間に変わった以外は、ほぼ全て、前回と同じ……おそらく、気温や湿度なんかも同じなんだろう……つぅか、そういう部分に微妙な変化をつけられてもわかるわけねぇ……)

 そこから先も、違いはさほどなかった。
 少し悩んだものの、
 結果的にセンは、
 佐田倉を投げ飛ばし、
 トコと会話してから、
 その場を後にした。


 追いかけてきたトコと、軽く会話をして、
 紅院に呼ばれたトコが、センのもとを去った所で、
 センは、スマホを取り出し、
 久剣一那に電話をかける。

「今、大丈夫か? なにか『大事な仕事中』とかなら、あとでかけなおすが」

『この電話よりも大事な用件など、この世に存在しません』

「……いや、あると思うが……」

 と、つぶやいてから。

「まあいい。とりあえず、報告会と行こう。こっちの状況だが、二人ほど――」

 と、状況を伝えようとしたところで、
 カズナが、

『お待ちください。場所を用意してありますので、直接会って、会議をいたしましょう』

「いや、別に電話で――」

『だめです』

「……はい……」



 ★



 カズナが用意していたタクシーに運ばれて、
 センは、紅院家の近くにある喫茶店にやってきた。

 清潔感があって、開放的な、
 情緒ある、落ち着いた店。

 ようするには、茶柱に連れていかれた喫茶店である。

(上流階級に属する者は、話をするとき、ここを利用しないといけない決まりでもあるのか?)


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く