『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 オバセン、登場。

 32話 オバセン、登場。

「あまり、ジロジロ見ていると、『親衛隊』の連中に拉致られて、コンクリ詰めにされるぞ」

「……親衛隊というか、ただのヤクザだな」

 などとつぶやきつつ、

「ちなみに、オバセンって……ウチの担任?」

 と、質問を投げかけると、

「……なに、お前。もしかして、記憶喪失にでもなってんの?」

「ああ、今朝、頭を打ってな。担任と後ろの席のヤツに関する記憶だけ、スッポリ抜けちまって」

「また、えらくピンポイントな記憶喪失だな」

「人間二人分の記憶を失った……そのかわり、2~3日分の『未来の記憶』を手に入れた」

「えげつない『わらしべ長者』だな……『エビでタイ』どころの騒ぎじゃない」

 などと話していると、そこで、
 ガラガラっと、教室のドアが開いて、

「はいはいはい、みんな、席に着こーね! みんなのオバセンがきたから、席につこーね」

 と、出席簿を片手に元気よく入ってくる中年のおばさん先生。
 『小場(おば) 里子(さとこ)』。
 43歳、既婚。
 『アラフォーのおばさま』にしては、
 なかなか、引き締まったボディをしている体育会系の女教師。
 ラ〇ュタのド〇ラを、ほんのり若くしてギュっと絞った感じ。

 彼女の元気のいい声に従って、
 『特に不真面目でもない生徒たち』は、
 いそいそと自分の席に戻っていく。

「はい、全員、席についたかなー……って、あれ? 茶柱さんは……」

 茶柱の姿がないことに気づいた小場は、

「まさか……」

 と、つぶやきながら、
 身を乗り出して、教室の後方を確認する。

「……また挑戦的なマネをして……」

 呆れ交じりにそうつぶやきながら、
 小場は、スタスタと速足で、
 茶柱の近くまで歩いていくと、

 眠っている茶柱の額に、

「茶柱さん、起きなさい」

 パチーンッと、景気のいいデコピンをかます。

「いっったいにゃぁああ!」

 飛び起きた茶柱は、

「もっのすごい体罰を受けたにゃぁああああ! これは、即訴訟モノにゃぁああ!」

「好きにしていいから、さっさと席につきなさい」

 そこから先、一分ほど、
 茶柱はゴネ散らかしたが、
 小場は、そんな茶柱の猛攻を、
 なかなか『あざやか』にいなしてみせた。

 その様子を受けて、
 センは、

(アゲモは『極端な覚悟』で茶柱を黙らせたが、小場は、『年の功』で黙らせたって感じだな……)

 『ちゃんとした教師』として、丁寧に積んできた時間。
 その成熟した手管で、茶柱を黙らせた小場。

 アゲモほどの『極端さ』は感じないが、
 小場もなかなか『教師としての覚悟』が決まっている。

 ――と、センは、彼女に対して、そんな印象を覚えた。


(アゲモと蓮手……この二人以外にも、何か変化はあるか……)


 センは、注意深く、周囲を観察して、
 『前回との違い』をチェックしていく。


「――はい、じゃあ、さっそく、朝のホームルームをはじめるわよ」


 小場は、クラス全体を見渡しつつ、

「まずは、今度の『主体性遠足』について」

 滞りなく、
 話は前に進んでいく。

 途中で、紅院が、『区別』に関する異議を呈し、
 それに対して、小場が、またもや、
 年の功でいなしていく。


(……人が違うから、当然、言い回しに若干の違いが生じる……というだけで、内容に変化はない……流れは一緒だ)


「それでは、さっそく、発表するから、ちゃんと聞いてメモをとってね。まず、紅院さん達の班から」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く