『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

29話 はっ、夢か……

 29話 はっ、夢か……

「ここまでくると、さすがに認めざるをえないな。センエース、お前がナンバーワンだ」

「……」

「まあ、しかし、実際のところ、順位はどうでもいいんだ。大事なことは、運命を殺せるか否か。その命題に答えを突き付けられるのであれば、別に最下位でもいい」

「……」

「……『俺』も、かつては、相当良い線までいったんだ。歴代の主人公の中では、俺は間違いなくナンバーワンだった。俺こそが、『最後』の希望だった。――その評価に見合うだけの努力をした。可能性を示した。けど、結局、届かなかった」

「……」

 そこで、アゲセンは天を仰いで、



「――悪鬼羅刹は表裏一体。俺は独り、無限地獄に立ち尽くす」



 急に、ポエムを口ずさみはじめた。

「どこまでも光を求めてさまよう旅人。ここは幾億(いくおく)の夜を越えて辿り着いた場所。さあ、詠おう。詠おうじゃないか。喝采はいらない。賛美も不要。俺は、ただ、絶望を裂く一振りの剣であればいい」

 最後まで言い切ると、
 アゲセンは、
 センの体に手をあてて、

「想いの結晶。過去と未来を繋ぐ、たった一つの希望」

 ブツブツと、何かをつぶやいてから、

「――頑張れ、センエース。お前が、これまで、散々頑張ってきたのは知っている。すべて理解した上で、それでも、こう言わせてもらう」

「……」



「まだ頑張れ」



 まるで、その言葉がトリガーにでもなったかのように、
 センの手の中のカギが、強く、強く発光しはじめた。

 光が強くなるにつれて、
 センの意識が溶けていく。


「――ぁっ――」







 ★



「……はっ……夢か……」

 目が覚めると、そこは自室だった。
 センは、ゆっくりと上半身を起こしながら、

「やっぱり、そうだよなぁ……とうぜん、夢だよなぁ……」

 などとつぶやきつつ、
 窓の外を眺める。

 当たり前のように、窓の外では、人々が行きかっている。

 その当たり前の光景にホっとしつつ、

「……全人類が死ぬとか、そんな『セカイ系な超展開』、ありえないもんなぁ……あー、良かった、よかった」

 などとつぶやきつつ、呑気にノビをしていると、

「……あん?」

 知らない番号から電話がかかってきた。

「……」

 鳴り響く着信音。
 センは、スマホを見つめながら、

「……間違い電話でありますように」

 祈りながら、電話に出ると、



「久剣一那です」



「……ぅえ」

「この電話番号、閃壱番さんの電話番号でお間違えないですか?」

「あー、えっと……そうですね」

「閃壱番さん、私が誰かわかりますか?」

「ええ、まあ、わかりますよ。てか、逆に聞きたいんですけど……どうして、あなたは、俺を知っているのですか?」

「――世界の終わりを、あなたと共に過ごしたから」

「……」

「最初は、もちろん、夢だと思いました。しかし、私は、あまりにも鮮明に覚えすぎていた。『上』から、『あなたに関する情報を、超重要事項として強制的に暗記させられた事』まで覚えていた。あなたの電話番号を……この時点の私が覚えているのは、明らかに異常。間違いなく、世界の終わりは、夢じゃない」

「……この時点の私? それって、どういう」

「今日は、5月17日。つまり、今は、あなたが、ロイガーを殺した日の朝です」

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く