『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

28日 まだ、死んでやらねぇ。

 28日 まだ、死んでやらねぇ。

「……お前は死ぬ……というか……いいかげん、死んどけ……もういいだろ……」

「(ダ)……心臓なら……移植すればいい……大した話じゃねぇ……普通の人間にも可能な『ただの医療』だ……」

 そう言いながら、
 センは、よろめきながらも、どうにか、蓮手の元へと近づいていく。

 その様子を横目に、蓮手は、

「おいおい……マジで、お前……頭イってんな……」

「(ダ)頭おかしくなきゃ……今、ここに立ってねぇ……」

 そう言いながら、センは、奥歯をかみしめ、

「(ダ)まだ死なねぇ……死んでやらねぇ……」

 そうつぶやきながら、
 センは、蓮手の胸部に腕を突っ込む。

「ぐはぁああっ!」

「(ダ)動くんじゃねぇ……心臓が……抜き取り……辛いだろうが……」

「……サイコ……野郎……」

「(ダ)いまさらだな……………もらうぜ、お前の心臓……」

 ブチっと、大血管を引きちぎり、
 蓮手の心臓を奪い取るセン。

 ドクドクと、手の中で脈を打っている。

 心臓を抜き取られたことで、
 蓮手は、完全に絶命した。

 蓮手の死体に背を向けて、
 センは、
 脈打つ心臓を見つめつつ、

(……さて、どうやろうかなぁ……)

 自分の心臓との交換方法に悩んでいた。
 ここに関しては、あきらめないとかどうとかの話ではなく、
 単純に『どうしたもんだろうか』と悩み、
 立ちつくしてしまっている。

(魔力で接着は……できなくもない……俺の心臓をぶち抜いて……即座に、つなぎあわせれば……いや、いけるかなぁ……)

 朦朧とした意識の中で、
 センが、必死に、どうしたものかと悩んでいると、
 そこで、

(……ん?)

 センの手の中で脈打つ心臓が、
 パァアっと発光しだした。


(なんだ、なんだ……)


 不思議に思っていると、
 蓮手の心臓は、カギの形状へと変化していく。

 発光は2秒ほどで収まり、
 『銀色のカギ』が、センの手の中には残った。

(……移植しようと思った心臓が……銀色のカギになりました……もう、意味がわからないよ……)

 心の中でつぶやきながら、
 センは、その場に崩れ落ちる。

 血が足りなさすぎて、
 もはや、意識を保つことが難しい。

(死ぬ……)

 頭の中で、死がよぎる。
 すると、グググっと、芯が熱くなって、

(まだだ……まだ死んでやらねぇ……なにか……考えろ……)

 この状況で、センは、まだあらがう。
 センエースは、どんな状況でも、センエースでありつづける。

(ヤバい……なんとかしないと……心臓を……どこか……心臓……)

 心臓を求めてさまようバケモノとなったセン。

 そんなセンの耳に、
 足音が聞こえた。

 ザッ、ザッ、ザッと、
 次第に大きくなっていく足音。

(……近づいて……きている……誰だ……生き残り……それとも……また別のGOO……)

 センは、這いずりながら、
 どうにか、足音がする方に、視線を向けた。

 すると、そこには、

「その状況で、まだ目が死んでいない……感嘆するよ、センエース」


(……挙茂(あげも)……)


 担任教師のアゲセンが、
 ドン引きの表情で、センを見下ろしていた。

「ここまでくると、さすがに認めざるをえないな。センエース、お前がナンバーワンだ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く