話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 センエースの方が弱い。

 26話 センエースの方が弱い。

「お前の本名、流石に、長すぎだ。お前は、蓮手でいい」

「……ま、別にいいけどな」

 そのセリフを皮切りに、
 センと蓮手の死闘が始まった。


 センの初手は、校長室の窓をぶち割って、外に出ること。
 彼女たちの死体がある部屋で暴れたくはないという意志の表明。

 外に出たセンは、
 持てる全てを賭して、
 蓮手と向き合った。

 チリチリと高濃度の火花が舞う。
 両者の間では、高次の対話が繰り広げられた。

 戦闘開始から1分が経過したところで、
 センは確信した。

(こいつは、ウムルよりも強い……厚みが違う……)

 これまでにセンが見てきたGOOの中で最強は、
 間違いなくウムル=ラトだったが、
 この瞬間に、記録が更新された。

 蓮手こそ、センが知る中では最強のGOO。

(茶柱が本気を出したとしても、コレが相手だと話にならない……どれだけ頑張っても、間違いなく瞬殺されるレベル)

 その考えに至った直後、
 センは、手を休めることなく、
 蓮手に、

「茶柱たちをどうやって殺した?」

「それ重要か?」

「ああ、重要だ」

「あ、そう」

 そこで、蓮手は、ワンクッションおいてから、

「いたぶって殺した。あまり、時間をかけすぎると、お前が感づいて、助けにきてしまう……みたいな可能性もあったから、シッカリとした拷問はできなかったが、一通りの絶望は味わってもらった。楽しかった。またやりたいです。まる」

 夏休みの絵日記風に応える蓮手。
 センの血管がムクムクと膨れ上がった、
 が、

「すぅぅぅ……」

 センは深い呼吸を徹底し、
 感情の全てを、自分の奥へ奥へと押し込んでいく。

 その様子を見て、蓮手は、ニっと笑い、

「怒りを暴走させることなく、すべて、丹田にブチ込んだか。くく……改めて思うが、お前の戦闘力は、本当に完璧だ。すべてが美しい」

 言ってから、蓮手は、
 胸の前で、両手を合わせて、印を結んで、

「オーラドール・アバターラァァ!」

 五人のアバターラを顕現させ、
 全部で6人になる蓮手。

 数の有利をフルに活用し、
 四方八方から襲い掛かる蓮手×6。

 この危機的状況に対し、
 センは、驚くほど冷静に、

(分身5体は、明らかに動きがトロい……)

 アバターラの動きを分析していく。

 相手の手数が増加したのに対し、
 センは、出力を抑え反応速度を加速させていくことで対応していく。

(増えたのは手数だけ……『DPS(単位時間火力)』はそこまで上がってねぇ。精々、50%UP程度。この程度なら、余裕でこそないが、どうにか処理できる)

 冷静に、丁寧に、
 センは、蓮手の猛攻に対処していく。

 『あらゆるすべて』に対して、完璧な対応を施している中で、センは気づく。


(俺の方が弱いな……)


 『全て』を計算した上で、はじき出した答え。
 ――センエースの方が弱い。

 もし、この戦いが『ターン性のRPG』なら、
 センは確実に負ける。

 しかし、

「俺より強い程度の雑魚が……俺に勝てると思うなよ……っ」

 だからこそ、
 センの魂魄は沸騰した。
 絶望を前にして、命が興奮している。

 ドン引きするほどの逆境だからこそ、
 センエースの魂魄は煌々と輝く。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く