『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

24話 コールサインは、

 24話 コールサインは、

「……わ、私は……どうすれば……」

 と、すがりついてくるカズナに、
 センは

「てめぇがどうすべきかなんて、そのぐらい、てめぇで考えろ……と言いたいところだが……」

 そこで、センは、周囲を見渡しつつ、

「まあ、さすがに酷か……」

 と、つぶやいてから、

「……『魔〇ブウが、一斉掃射をかまして人類を皆殺しにした時』の『サ〇ン』みたいに、選ばれて生き残っているヤツがいるかもしれねぇ。もしくは『テン〇ンハン』みたいに、剣を避けたやつも……いや、いるかなぁ……見えない剣をどうやって……いや、まあ、でも、現状だと『絶対にいない』とも言い切れねぇ。というわけで、生き残りを探して集めておけ」

「あつめて……どうするの?」

「人手は出来るだけあったほうがいいだろ? それに……」

「……それに?」

「俺は『一人でも生きていける』が……たいていのやつは『そうじゃない』だろ?」

「……」

「背負ってやるよ。もし、生き残っているやつがいるのなら、お前ふくめ、全員の命を、この背中で、引き受けてやる……」

「……」

「必ずどうにかしてやる。何があろうと、俺は最後まで折れねぇ。最後の最後まで、お前らの前に立ち続け、この『クソったれの運命』に抗い続けてやる」

「……」

「すべての絶望を殺してやる。すべての命の希望になってやる」

「……」

 そこで、センは、目を閉じた。
 まぶたの裏を見つめたまま、
 『ここではないどこか』を睨みつけ、





「……ヒーロー見参……」





 最後にそう宣言すると、
 センは、瞬間移動で、蓮手の元へと向かった。

 ――しばらくの間、
 カズナは、センの残影を見つめていたが、

「……っ」

 歯を食いしばって立ち上がり、

「……確か、屋上に……ドラゴンホークがあったはず……」

 ドラゴンホークは、紅院家が所有している軍用ヘリの名前。
 紅院正義は、携帯ドラゴンが敗北した時のために、
 いくつか『抵抗用の兵器』を用意してあった。

 ドラゴンホークは、その中の一つ。

 上位のGOOが相手だと、携帯ドラゴン以外の武力は無意味だと理解していたが、しかし、性分的に、何もしないわけにはいかなかった。

 カズナは、センが置いていった正義のスマホをつかむと、
 そのままの流れで、正義の懐から、『カギの束』や『USB』など、
 今後、必要となるであろうアイテムを奪い取り、

「……隕石が落ちたとかじゃない……人が全滅しただけなら、インフラが完全に死ぬまで、まだ少し時間はあるはず。まずは、各国の委員会メンバーに電話。……超・緊急事態用の回線なら、管理者不在でも、しばらくは使えるはず……そのあとは、ラジオで、世界中に呼びかける……あと、食料と水……紅院家のシェルターに、50人分が20年分はあるけど、足りないかもしれない……世界中からかき集めて保存……あとは……」

 カズナは、自分に出来ることを必死になって考える。

 今のカズナには、心に希望がある。
 だから、考えて、行動することができる。

 どれだけ絶望的な状況下でも、
 希望があれば、人は前を向くことが出来る。


(……燃料は、問題ない。いつでも飛べるように、調整もされている……当たり前の話……紅院正義は、無用の長物を置いておく人じゃない。常に準備は万全……そういう人だった……)


 ドラゴンホークのコックピットに乗り込んで、
 正義から奪ったUSBを差し込んで、
 セッティングを開始する。
 システムを起動させると、
 音声機能が作動して、

『バックドアコードのエントリーを確認。声門認証を行います。紅院家に登録されている本名とコールサインをお願いします』


「本名、久剣一那。コールサインは――」


 名前を口にしてから、
 カズナは、かみしめるように、



「――『エキドナ03』。命の王に仕える剣だ」



 覚悟を宣言した。

 最後の一言は必要なかったが、
 どうしても言いたくなったから口にした。
 それだけの話。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く