『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

23話 うっさい。

 23話 うっさい。

「こんなワケない! うそだ! 夢だ、夢だ、夢だ、はやく、さめろ! もういい! 飽きたぁああああ!」

 うずくまり、頭を抱えて、
 ワーワーと喚き散らすカズナ。

 ――そんなカズナの頬を、
 センは、

「うっさい」

 バッシーンッッ!
 と、豪快にビンタしていく。

 ここに、『真の男女平等』があった。
 センの前で、『男だ、女だ』は関係ない。

 彼の前では等しく『他人』である。

「落ち着け、久剣。狂っても何にもならねぇ。いろいろやってみて『あ、むり、オワタ』となるまでは狂うな」

「……」

「不幸中の幸い、あの学校には、人類の限界を超越した『ワケ分かんねぇアイテム』が沸いてくれる。最高レアリティのアイテムなら、ドラゴ〇ボール級である可能性も否定できねぇ」

 言いながら、センは、心の中で、

(問題は、おそらく携帯ドラゴンが全滅しているから、普通のアイテムは発見できねぇってこと……図虚空のような、『特殊アイテムの発見』に賭けるしかない……かなり分の悪い賭けだが……やるしかない)

 ハッキリと不安をかかえながら、
 しかし、それは、おくびにも出さず、
 センは、まっすぐな目で、カズナに、

「マジで、全員殺されていたとしても、全員生き返らせちまえば、オールオッケー、そうだろ?」

「……ど、どうして……」

「あん? なんだ? 聞こえん。ハッキリしゃべれ」

「どうして……そんなに冷静でいられるの……意味がわからない……どうなってんの、あんたの頭……」

「いっておくが、俺も動揺はしている。普通に『やべぇ、きつい』と思っている。気を抜いたら、頭がおかしくなりそうだ」

 と、前を置いてから、

「正直、なぜ、この極限状態で、発狂せずに踏みとどまっていられるのか、自分でも自分がよくわからない。が、運よく……というか、もはや、ここまでくると運が悪いと言ってもいいが……とにもかくにも、俺は、ギリギリのところで、冷静でいられている。だから、前に進むための一歩を求めることができる」

 丁寧に、言葉を並べていく。
 『前に進むための希望』を、
 彼女の目の前で、そろえていく。

「――というわけで、悲劇のヒロインを気取るのは、もう少しあとにしろ。発狂するには、まだはやい。相当ヤバい状況であるのは事実だが、まだ何も終わっていない」

 そこで、センは、彼女の目をジっと見つめて、




「ここには、まだ、俺がいる」




「……っ」

「とりま、『この事態を引き起こした元凶である可能性が高いクソ野郎』から呼び出されたから、ちょっと行ってシバいてくる。お前はお前のやるべきことをやっとけ」

 そう言って、瞬間移動しようとしたが、
 しかし、そこで、カズナが、
 すがりつくように、

「ま……まって……」

 泣きそうな声で、そう言ってきた。
 センは、まっすぐに、

「待ってどうなる? 断言するが、どうにもなんねぇよ。前に進むしかねぇんだ。それは、何も『この状況だから』って話じゃねぇ。いつだってそうだ。グズグズしていても、何にもならねぇ。目の前の面倒事を、一つ一つ、片付けていくことでしか、道は開けねぇ」

 センの言葉を受け止めた上で、
 カズナは、

「……わ、私は……どうすれば……」

 すがりついてくる。
 彼女は、決して『弱くない』が、
 しかし、状況が酷すぎるため、
 『思考して行動する』という『高次の一手』に踏み出せない。

 極限状態で『迷わず行動できる』というのは、
 よほどの人物でも、なかなかできることではないのだ。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く