『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

22話 そして、誰もいなくなった。

 22話 そして、誰もいなくなった。

 カズナは、自身のスマホを取り出して、
 知っている連絡先に、片っ端から電話をかけていく。

 だが、誰も出ない。
 メールやラインを乱射しても、
 反応は完全にゼロ。

「そんな……そんな、バカな、バカな、バカなっ」

 震える手で、祈るように、
 電話をかけ続けるカズナ。

 そんなカズナを尻目に、
 センは、心を整えるように、ゆっくりと歩を進めて、
 南側にある『デカい窓』の外を眺める。

(死んでいる……少なくとも、見える範囲にいる人間は全て……頭が吹っ飛んでいる)

 窓から見えた『通り』に横たわっている死体の数は10人分。
 全員、頭が炸裂して、血の海を形成していた。

 視線をこらしてみると、
 あちこちで煙も上がっている。

(運転中に殺されていた場合……制御不能になった車は、どこかに全力で突っ込んで、爆発を起こすよな……しばらくしたら、あちこちで火事も多発するだろう……)

 管理者を失った世界。
 二次災害は多発するだろう。

 しかし、大規模災害がどれだけ起ころうが問題はない。
 すでに、みんな死んだのだから。

(……頭がおかしくなりそうだ……)

 足元がフラつく。
 眩暈がする。
 耳鳴りもする。

 今は、精神的負荷を完全に切っているが、
 凄惨な状況のせいで、
 『5パーセントぐらいの負荷』を感じている。

 つまりは、なかなかの絶望。
 一般人では耐えられない領域。


(……あの剣翼の威力は相当高かった……『蓮手の魔力』が、もし、本当に、『あの剣翼を世界中に展開できる級』なら……紅院たちでは勝てるわけがねぇ……間違いなく、瞬殺されているだろう……)


 膝がガクっと抜けそうになった。
 並みの精神力だと、ここで発狂していただろう。
 しかし、彼は、センエースだから、

「……すぅうう……はぁああ……」

 深呼吸を一つはさむだけで、
 どうにか、踏みとどまることができた。

 センは前を向く。
 奥歯をかみしめて、

(……紅院たちは、おそらく、殺されているだろう……だったら、どうする? ……決まっている。蘇生方法を探す……そう、それだけの話だ……時空ヶ丘学園を探索しまくって、ドラゴ〇ボール的な神級のアイテムを見つけて、『蓮手が上等をかます前の世界』を取り戻す……単純な話だ……折れるな……)

 自分で自分に言い聞かせながら、
 センは、何度か深呼吸で、爆発しそうな自律神経を静かにさせる。

 と、そこで、背後から、声が響いた。

「うぅう……ぅぅ……ぅううううっっ!!!!」

 頭をかきむしりながら、机やイスを蹴飛ばしつつ、
 とにかく、無意味に暴れまくるカズナ。

「うそだ、うそだ、うそだ、うそだ、うそだ、うそだ、うそだ、うそだ、うそだ、うそだ!」

 壊れてしまったように、
 焦点の合っていない目で、よだれを垂れ流しながら、
 何度も、何度も、何度も、同じ言葉を口にして、

「こんなワケない! うそだ! 夢だ、夢だ、夢だ、はやく、さめろ! もういい! 飽きたぁああああ!」

 うずくまり、頭を抱えて、
 ワーワーと喚き散らすカズナ。

 狂ってしまう一歩手前。
 精神的に、もっともキツい時期。
 完全に狂ってしまえれば、何も考えなくてよくなるが、
 ギリギリ、正気を保っているこの状況が一番しんどい。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く