『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

20話 こんにちは、ヒーロー。

 20話 こんにちは、ヒーロー。

(見えない剣……属性は幻影と切断、狙いは首、ルーンは爆発……『命』を『間違いなく殺そう』としている……逃亡も延命も許さない、絶対的な殺意)

 その理解に届くと同時、
 センの感覚が、
 見えない剣の軌道を捉えた。

 見えたとか、見えないではなく、
 『その辺を飛んでいる気がする』という感覚だけで、
 センは、
 『久剣一那』の頭部を切断しようとしている『見えない剣』を、

「図虚空、こい!!」

 自分の手の中に戻したナイフで、弾き返そうとして、
 しかし、

(――かわされたっ?! 『テキトーな投げっぱなし』ではなく『半自律型』かっ!)

 コンマ数秒の中で、
 思考が爆走する。
 インパルスが弾けて、
 思考が追い付かなくなる。

 気づけば、
 センは、
 ナイフを持っていない方の手で、
 ガシッッ!!
 と、『飛翔する見えない剣』を掴んでいた。

 刃の部分を掴んだので、当然のように手が切れた。
 すべてが反射の結果だったため、
 手に魔力を注ぎ込むタイミングにラグが生じ、
 ほとんど『完全な素手』の状態でつかんでしまったため切断は免れなかった。

 ドバっと血があふれた。
 まだ、脳の関門を通していないので、
 止血にまで頭が回らない。
 血小板が慌てふためく。
 カスケードが二度見している。

 その直後、小規模な爆発が起こり、

「――だぁああっ!」

 センの左手は、当たり前のように吹っ飛んだ。

 上腕の半分くらいまでが吹っ飛び、
 骨も肉もむき出しになる。

 どうにか魔力で止血しつつ、

(やべぇな……図虚空じゃ、『腕を再生させられるほどの回復魔法』は使えねぇ……)

 自己治癒能力を高める感じの『低レベル時のホ〇ミ』くらいの魔法なら使えなくもないが、『腕を再生させるほどの高度な回復魔法』は使えない。

(茶柱と合流……即行で治してもらって、この現象を引き起こした『元凶』を殺さねぇと……)

 と、ここからのプランを頭の中で練り上げていると、
 そこで、

「ば、ばかが!!」

 久剣一那が、
 腕をなくしたセンに、

「わ、私の命より、あんたの腕の方が大事だろ!! バカか!!」

 ほとんど反射的に、そう叫んだカズナ。
 脳を通していない発言。
 この『あまりにも唐突な状況』に、
 ガタガタと、震えながらも、
 『センが自分をかばった』ということだけは理解できたようで、
 かつ『それは、最善手ではなかった』という理解と直結したようで、
 先ほどのようなセリフが飛び出してしまった。

 カズナは、決して、
 『自分の命を軽視しているわけではない』が、
 しかし、
 『任務脳』ともいうべき、
 彼女の強い責任感が、
 反射的に、先の言葉を叫ばせた。

 ――と、そんな彼女に、センは、

「俺は賢くないが、バカじゃない」

 などと、お決まりのセリフを口にしつつ、
 正義(まさよし)の死体の近くに落ちているスマホを拾い、
 ズボンで血をぬぐってから、耳にあてると、



『――よう、ヒーロー』



 聞き馴染みのある同級生の声が響いた。

「めちゃくちゃ知っている声だが……『似ているだけ』という可能性もあるから、一応、聞いておく。お前、誰だ?」

『お前の親友、蓮手だ。こんにちはー』

「……俺に友達はいない」

『友達ってのは、書面上の契約とは違う。気づけば勝手になっているものさ。その定義に当てはめた場合、お前は【俺の親友】で間違いない。仲良く猥談(わいだん)までしておいて、【友達じゃない】は通らねぇ。そこまで世界は甘くない』

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く