話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

19話 ロックオン全人類。

 19話 ロックオン全人類。

「我々を導けるのは、あなたしかいない。他の者では絶対に不可能です」

 正義(まさよし)は、センに反論を許さない勢いで、
 たたみかけていく。

「もし、仮に、王たりうる者がいたのであれば、今日までの永き日のどこかで、すでに、そのものが王として君臨していたでしょう。しかし、そんな者はいない。ここにいる者は、みな、例外なく優秀ですが、しかし、『命の王』にはなりえない。それほどの高みに立てるのは、本物の器を持つ者のみ」

「……」

「ご決断を、陛下」

 詰めてくる正義(まさよし)に、
 センは、

「俺は王にはならない」

「……なぜ?」

「いやだから」

「……」

「俺の『イヤ』をナメるなよ。天地がひっくり返っても、俺は自分の意見を変えない。俺のガンコさはハンパじゃ――」

 と、言い切る直前、
 紅院正義のスマホが鳴った。

 その軽快なリズムは、まるで、
 『はやく出ろ』とせきたてているよう。

 間を乱されて、普通に不機嫌になるセン。
 とはいえ、この手の不機嫌を他者にぶつけるようなパワハラは嫌いなので、
 極力、その感情は表に出さず、

「出ろよ」

「よろしいのですか?」

「あんたの立場だったら、やばい緊急連絡の場合とかもあるだろ?」

「感謝します」

 そう言いながら、正義(まさよし)は、かけてきた相手の名前を確認する。

「……娘からですね」

「……なんかあった可能性もなくはないな……」

「面倒は勘弁してもらいたいところですが……」

 などと言いながら、正義(まさよし)は電話に出た。


「どうした、ミレー」


 声をかけると、
 電話の向こうから、





『――ロックオン、ヒューマニティ・オール――』





「ん? 誰だ、貴様。なぜ、娘のスマホを――」

 聞き馴染みのない『男』の声がして動揺する正義(まさよし)。
 声の主は、正義(まさよし)の問いに応える気は毛頭ないようで、



『――舞い踊れ。幻爆の剣翼』



 そう宣言された直後、
 正義(まさよし)の首が、
 スパァンッッ!!
 と、切断された。

 同時に、首から離れた頭部が、
 『秘孔をつかれたモヒカン』みたいにグニャリとゆがみ、
 ドォンッッ!!
 と小規模の爆発を起こす。

 そのあまりにもスプラッターが過ぎる映像に、
 さすがのゾーヤも青くなったが、
 悲鳴をあげるよりも前に、
 彼女の首も、
 スパァンッッ!!
 と、切断されてしまった。
 正義と同じく、両断された頭部は、小規模の爆発を起こす。

 次々と、
 その場にいる全員の首がスパパパパパッッ、と切断されては、
 直後に小規模の爆発が連鎖する。

 『センに利き腕を切られた時』とは違い、
 当然のように、血が噴き出して、
 あたり一面が血の海になっていく。

 爆発で飛び散った肉と血が周囲の壁を猟奇的に彩(いろど)る。


 ――一瞬、何が何だかわからないという顔をしていたセンだったが、


(見えない剣……属性は幻影と切断、狙いは首、ルーンは爆発……『命』を『間違いなく殺そう』としている……逃亡も延命も許さない、絶対的な殺意)



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く