『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 笑えよ、マサヨシ。

 15話 笑えよ、マサヨシ。

「俺は俺の信念と心中する。その結果、悲惨な末路をたどったとしても後悔……はするだろうが、しかし、『結論』は絶対に変えない」

 その発言を受けて、ゾーヤは、心の中で、

(……なるほど。紅院正義の言う通り、この少年の核には、確かに王の器量がある……)

 と、そこで、紅院正義が、

「――今回の件に関する全ての罪を背負わせてもらう。私の命を払ってもかまわない。だから、どうか、許してくれないか」

 と、『散らかった場』を『整えよう』と、
 自分の命を差し出す提案をしてきた。

 その行動に対し、センは、

「身勝手に10人のガキを殺そうとした罪が、てめぇ一人の命で払えるわけねぇだろ。どこまでズレてんだ、てめぇ」

 紅院正義の胸倉をつかみながら、
 バキバキに血走った目で睨みつけ、

「責任の重さや仕事量だけで見れば、もしかしたら、てめぇには、『10億人分』の価値があるのかもしれねぇが、『命の重さ』は、一人分でしかねぇ。『そこを忘れているのが問題だ』という話をしているのに、てめぇ、まるで聞いてねぇじゃねぇか」

「……命の重さ、か……よくある命題だが……命に重さがあるなら、その『秤(はかり)』はなんなのかな?」

「俺の主観だ。俺の独断と偏見が命の相場になる。非常にシンプルで合理的だろ?」

「……」

「どうした? わらえよ、マサヨシ。俺は、今、とても、とても、面白いことを言ったんだ。ウケてくれねぇと、スベったみたいになるだろうが」

「ギャグだったのかね?」

「冗談とは言ってねぇ。『プロ野球選手になる』という『野球少年の宣言』は、たいがいの大人に笑われるだろ? その感じのアレだ。『人に笑われるぐらい』の目標じゃないと、立てた気にならないという、俺の感情の問題さ」

「……『自身が命の秤になる』……その言葉の意味を……君は、正しく理解しているのか? それは、『すべての命を背負う』という意味だぞ」

「そこまでぶっ飛ぶ気はねぇ。俺は『モノサシ』になるだけさ。お前らに『俺のモノサシ』を使わせる司令塔……の『御意見番』くらいには、『週一くらいのペース』でなってやらなくも、なくはない今日この頃だが、それ以上の仕事は全力で拒絶する。俺は『俺の理不尽』を通すだけ。それ以上でもそれ以下でもない」

「最低の暴君だな」

「違うな。最低の傍観者さ」

 そんなセンの発言に対し、
 紅院は、

「ふっ……」

 と、『こぼれてしまった笑み』を浮かべてから、

「仮にここで、『君のモノサシを採用する気はない』……と『拒絶の意』を示したら、私は、どうなるのかね?」

「決まっている」

 そう言いながら、
 センは、紅院の首にナイフの切っ先を突き付けて、

「その喉切り裂いて、二度と無駄口叩けぬようにしてやる」

「……君は、映画の引用が好きなようだね」

「そんな高尚なもんじゃねぇ。ただ、テンプレを垂れ流しているだけだ。ようするに、ただの病気だよ」

 などと、無意味な会話をしていると、
 そこで、

 ズガバンッ!!

 と、破裂音が響いて、
 その直後、
 穴のあいた天上から、拳銃を持った女が降ってきた。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く