『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

14話 身勝手な裁断。

 14話 身勝手な裁断。

 ゾーヤが『センの命令』に黙って従ったのは、
 『全身がしびれた』から。

 ほかの者も、だいたいは同じ理由。
 『逆らうことは許されない』と、
 命の奥が認識したから。

 ――センは、全員が手を上げているのを確認すると、


「統治者の立場にありながら、『当たり前の痛み』を忘れたクソども。――罪の数え方を教えてやる」


 そう宣言してから、
 その場で、図虚空を横に薙(な)いで、


「――一閃――」

 そう宣言した直後、

 この場にいるセン以外の全員の利き手がスパっと切断された。


「「「ぎっ……ぁああああ!!」」」


 根性の足りない『半数の者』が悲鳴を上げたが、

 正義(まさよし)やゾーヤのような、
 『根性』が十分に足りている『残り半数』は、
 激痛に顔をゆがませながらも、
 どうにか奥歯をかみしめて、声を出すのは耐えた。

 その様子を見て、センは、


「さすが、大幹部連中は、声をあげもしないな。まあ、『60億人の頂点に立つ連中』なんだから、その程度の覚悟は決めておいてくれないと挨拶に困るが」


 そう言いながら、
 センは、
 いまだに激痛を口にしている連中に、

「血は出ないように、呪縛でフタをしたから、死ぬことはねぇ。沈痛機構にアクセスしたから、痛みも、言うほどじゃねぇだろ。これ以上、ピーピーわめくなら、首に『一閃』をぶち込むぞ」

 その脅しを受けて、
 喚いていた『半数』は、
 反射的に、残っている手で、自分の口を押さえた。
 まだ残っている激痛と恐怖を抑え込みながら、
 どうにか、声を出さないように自分を抑え込んでいる。

 場がシンと静まりかえったのを受けて、
 センは、満足げにうなずくと、

「呪縛でフタをしたから、血は出ないが、同時に、普通の手法だと『接着』させることもできねぇ。携帯ドラゴンの回復魔法を使えば余裕だが、俺が『許可』を出すまでは使わせない。仮に、茶柱罪華と黒木愛美が、お前らの頼みを聞いて『治癒魔法をかけた』としても、俺が『まだだ』と思ったら、普通にまた切り落とさせてもらう。俺が許可するまで、お前らは、永遠に片腕で過ごせ。――ちなみに『俺の意図』が伝わっていないバカがいるなら手をあげろ。そっちも切り落としてやるから」

 そこで、正義が、
 奥歯をかみしめつつ、

「間違いがないよう、一応、確認しておきたい。――『しばらくの間、社会的弱者として生活させる』ことで『我々の視点を変えようとしている』……その認識で合っているかな?」

「まあ、そういうことだ。映画で例えるなら、あれだな。トニー・スタ〇クが、拉致られ死にかけた事で、『パリピな死の商人』から『孤高のヒーロー』へと生き方を変えただろ? あんな感じだ。人間は、基本的に『アホな生き物』だから『痛みを伴わない反省』はしない。というわけで、痛みをしれ。弱さを刻みこめ。罪を数えろ。そこから始めろ」

 そこで、ゾーヤが、軽い冷や汗を出しているだけの『いつもと大差ない顔』で、

「その例えでいうと、君はトニーを拉致した『テロリスト』とイコールになるわけだけれど、それはいいのかしら?」

「俺は別にヒーローじゃない。テロ屋扱いしたかったら好きにしろ。否定はしねぇ。俺は俺の行動に責任を持つ。刑罰権に基づくことなく、私的な決断のみで『他者に制裁』を与えた俺は、法の上では、立派な犯罪者・テロリストだ」

「――どういわれようと、己の信念に従う。それが君の覚悟というわけね?」

「そうだ。俺は俺の信念と心中する。その結果、悲惨な末路をたどったとしても後悔……はするだろうが、しかし、『結論』は絶対に変えない」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く