『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

13話 利き手をあげろ。

 13話 利き手をあげろ。

「それでは、何をしにここへきたのかしら?」

 穏やかな口調で尋ねてくるオールドレディ。
 ――センは、彼女の目を睨み、

「ナメたマネしたバカどもを叱りつけにきた」

「……六周りくらい離れた年下の少年に叱られる日が来るとは、さすがに思っていなかったわねぇ。……この年になると、叱りつけることはあっても、叱られることは、ほとんど完全になくなってしまうのよ」

「だろうな。俺も、六周り上のばあさんを叱る日がくるとは思っていなかったよ」

 そう前を置いてから、
 センは、全体を見渡して、

「いい大人がこれだけの人数集まって、誰も『高校生を殺すのは流石にやめておきましょう』と『言わなかった』ってのが驚きだ。お前らが凶悪犯罪者の集団だってんなら、まあ、ソレもわからない話ではないが、しかし、仮にも『世界を統治する立場』にありながら、『当たり前の常識が備わっていない』ってのは、どういう了見だ?」

 そこで、紅院正義が、

「仮にも『世界を統治する立場』にあるからこそ、常識を見失ってしまう……ということが、この世の中ではままあること」

 そう言ったのを受けて、
 センは眉間にしわをよせ、

「……『稀によくあるかどうか』は、この状況において、どう考えても、どうでもいいだろ」

 血走った目で、正義を睨みつけ、

「まだ理解できないか? 俺は、てめぇの『クソ以下の言い訳』を聞きにきたわけじゃねぇ。言葉で言っても伝わらないなら、行動で示してやるよ」

 そこで、センは立ち上がり、


「全員、利き手を上にあげろ」


 センの発言に対し、
 表情で全員が『?』の意を示した。

 そんな彼らに対し、センは、

「俺に同じことを三回言わせたら人生終了だと思え。……全員、利き手をあげろ」

 より高圧的・威圧的に語気を強めて、
 後半は巻き舌になりながら、そう言った。

 その声音から、『逆らわない方がいい』と、この場にいる誰もが即座に理解して、
 聞き返すことも、理由を尋ねることもせず、
 全員が、利き手を上げた。

 ――仮にセンの言動が『ガキがイキっているだけ』のものなら、
 『己の信念』に従って『命がけで逆らう』という選択肢をとるものも、
 この中には、何人かいただろう。

 ここにいる者の『覚悟』と『プライド』をナメてはいけない。

 センに声をかけた老婆『アレマップ・ゾーヤ』なんかは、
 『鬼のような覚悟』が『だいぶガンキマっている部類』であり、
 『イキっているだけのガキ』に従うぐらいなら死を選ぶ、
 というのが彼女の人生における基本方針。

 実際、彼女は、これまでの人生で、何度か、
 サイコな特攻野郎に拳銃を突き付けられたことがあるが、
 その全てを、鼻で笑ってきた。

 『暴力で私に言うことを聞かせるのは無理だよ。死を恐れたことはないからね』

 ――『それほどの覚悟が決まっている彼女』が、
 『センの命令』に黙って従ったのは、
 『全身がしびれた』から。

 センに『本気』で命令された瞬間、
 これは『王の命令である』と、
 本能が理解した。

 理性の承認を振り切って、
 彼女の芯が『センに従うこと』を求めた。




「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く