『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

12話 話し合いのはじまり。

 12話 話し合いのはじまり。

「いつでも利用してくれ。ここのオーナーは私だ。大統領が相手だろうと、天皇が相手だろうと、必ず金をとるのが私の主義だが……君に限っては、すべてのサービスを無料で提供させてもらう」

「際立った特別扱い、痛み入るねぇ。だが、断る。ホテルを利用したいと思ったことなんざねぇし、なにより、俺には、金持ちの施(ほどこ)しを受ける気が微塵もねぇ」

「施しではなく、単なる恭順だよ、ミスター閃壱番。君に平伏している。それだけの話さ」

 などと、会話をしながら、
 センは、トイレの外に出る。

 長くて広くて豪華な廊下。
 見上げれば、当然のようにシャンデリア。

「……全員、同じ場所に集まっているのか?」

「中心の8名が、そこの部屋に集まっている」

 そう言いながら、大きな扉を指さす。

「他の面々は、下のフロアにいる。全員を呼ぶことも可能だが、物理的な空間の問題で、一部屋に全員が集まるのは厳しいかもしれない」

「今回の『責任者』にあたるやつだけ呼んでくれ。もちろん、マクロで見れば、300人委員会の『全員』が責任者だろうが、そういうことじゃなく、『今回の防災訓練』に『正面から関わった連中』という意味だ」

「判断が難しいところだが……10人……いや、15人か……どこまでを『正面』と捉えるかで大きく変わってくる。ある意味で、全員が正面からかかわっているゆえ」

「じゃあ、今回の件で『ガキを殺すこと』に賛成していたやつを呼んでくれ」

「……50人全員だな」

「……マジでか……」

 そこで、センは、天を仰ぎ、

「あー、じゃあ、もう、全員呼んでくれ。で、扉をあけたままにして、廊下に並ばせておけ」

「おおせのままに」





 ★





 五分後、
 会議室の奥に陣取ったセンと、
 長机に腰をかけている8人、
 そして、その周りで立っている20人と、
 廊下に並んでいる30人という、
 なかなかの人数がひしめき合う空間が完成した。


「閃くん……全員そろったようだ。はじめてくれて構わない」


 ヌルっと進行役になっている正義(まさよし)にうながされて、
 センは、いったん、全員を見渡してから、

「まず、最初に言っておく。『責任の擦(なす)り付け合い』を始めたヤツは殺す。『そいつ』を、率先して殺す。そいつが本当に責任のない立場だったとしても殺す。俺は泥沼劇場を見に来たわけじゃねぇ」

 と、そこで、紅院正義の隣に座っている60代前後と思しきオールドレディが、

「それでは、何をしにここへきたのかしら?」

 と、穏やかな口調で尋ねてきた。
 彼女は、ロシアのフィクサーで、
 『ロシアンマフィアのドン』の『総まとめ』という立場にある。
 シワは目立つが、背は曲がってはいない。
 鋭い眼光と、にじみ出るオーラが特徴的なコワモテBBA。
 体格は小柄だが、纏う雰囲気からは妖気すら感じる。

 彼女は、実のところ『非常に苛烈な性格をしている老婆』なのだが、
 センが相手だと、さすがに本性むき出しというわけにはいかない。

 トコたちの報告を『全て信じている』というワケではないが、
 センの『ピリつき方』を受けて、
 生存本能が『逆らうべきではない』とアラームをたてている。

 闇社会の深部で生きてきた彼女の人を見る目は確か。
 ゆえに、彼女は、黙ってセンの言葉に耳を傾ける。


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く