『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 300人委員会は、結論を望んでいる。

 9話 300人委員会は、結論を望んでいる。

「嫁と子供おるやつがテロリーダーになるかなぁ」

「まあ、一定数いると思いますけどねぇ。もっとも、あの人の場合、実際のテロリーダーではないですが」

 などと、どうでもいい会話をしていると、
 そこで、紅院のスマホが鳴った。
 相手は紅院正義。
 ミレーの父親。

「……なに?」

 出ると、正義は、挨拶抜きで、



『300人委員会は、結論を望んでいる』



「……?」

『お前から閃壱番に関する諸々の報告を受けて、『高次の欲』が出てきてしまったのだよ。私は気長に待つつもりでいたのだが……300人委員会に所属しているのは、私のように我慢強い人間ばかりではない。どの組織でも、急進派の声は大きくなりがちでね』

「パパ……何を言っているの?」

『みな、報告を待つばかりではなく、目に見える形で、閃壱番を知りたくなった……それだけの話だよ、美麗』

「……」

『もはや、彼らを止めることはできない。私も所詮は、歯車の一つ』

「……」

『正式な命令だ、美麗。お前たちは何もするな。今回の主役は閃壱番だ。……いや、もしかしたら、ずっと、彼が主役だったのかもしれないがね』

「あの、パパ……本当に、何を言っているか、さっぱりわからないのだけれど?」



『……きわめて単純な話だ、美麗。これから先、何があっても、決して動くな。以上だ』



 そこで、電話は切れた。

「ちょっ……えぇ……」

 困惑する紅院に、
 トコが、

「どしたん?」

「よくわからないけれど……300人委員会が閃壱番を知りたがっているから、私たちは動くなって」

「……ん? この訓練で、なんかする気なん?」

「かもね」

「上がしそうなことと言ったら……ホンマもんのテロリストを、何人か混ぜておくとかかな……」

「ありえるわね。上層部の連中は、パパをふくめ、全員、例外なく、頭おかしいから」

「さすがに『殺し』はやらんやろうけど……」

「いや、やると思うにゃぁ。上の連中は、必要と判断したら、なんでもやるクソどもだからにゃぁ」

「……ああ、ま、そうやなぁ……あいつら、なかなかのアホやからなぁ……」

 そこで、黒木が、トコの顔を横目に、

「おや? ずいぶんと穏やかな表情ですね。いつもなら、この手の会話の時、歯をむき出しにして怒りをあらわにするのに」

「今まではどうしようもなかったから、キレるしかなかったけど、今は、『ヒーロー』がおるから、『ま、なんとかなるやろ』って思うてしまうんよなぁ」

「閃壱番の存在が、トコの安定剤になっているというわけね」

「そこまで彼に依存して大丈夫ですか?」

「依存させてきたあっちが悪い。あたしはなんにも悪ぅない」

「ジャンキーらしい勝手な言い分ですね。ま、実際のところ、依存させるような行動をとってきた方にも、いくつか問題があるとも思いますが」

 呆れ口調でそうつぶやいてから、

「……しかし、そんな様子だと、彼がいなくなったら、大変そうですね。」

「閃がおらん未来は、もはや、想像すらしたくもないなぁ」


「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く